2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

承認は金曜日にもらう + 最も上司の承認を得れる日時とは

金曜日というのはサラリーマンにとって特別な日かもしれません。



f:id:greathelp:20200807052109j:plain



半分休日気分になり、どちらかというと1週間の圓や来週の準備等に時間を使う日でしょうか。


実はこの金曜日を利用した仕事の進め方があります。


打ち合わせで承認を得たい案件です。


実はこういった案件は金曜日が心理的に承認が得やすいのは知ってましたか??


面白い事にまったく同じ案件でも月曜日と金曜日では承認されやすさがまったく異なります。


月曜日ってどちらかというと休み明けでエンジンがかかってなくて、物事の理解が遅くなる日です。
また気分ものっていない事が多く、承認を得たい打ち合わせには向かないのです。


逆に金曜日は疲れが溜まっていますが、気分が優れている方が多く、わりとポジティブに物事を考えやすい日ですよね。


更に、休日前というのも有り、仕事は片付けておきたいという心理が誰でも働きます。


つまり承認は金曜日に得られやすいのです。


更に反則ワザかもしれませんが、夕方定時ギリギリだと更に承認がすぐもらえます。


早く帰りたいからです。


異図も簡単に承認してもらえますので、是非試してみてください。


ポイントは、金曜日の夕方です。

仕事が本当に辛くなったら + 限界まで我慢はしない事

本当に仕事が辛いなら選択肢は沢山あります。



f:id:greathelp:20200806055457j:plain



僕達は色々な理由があって働く訳ですが、別に辛くなるために会社に行く訳ではありません。


よくあるのが仕事は辛いものだと思い込み、限界まで頑張ってしまう事です。


そんは状態では、勿論ポジティブな仕事や笑顔も失っていってしまいます。


なぜ辛いのか、なかなか自分の事は考えられないかもしれませんが、理由が分からないとずっと辛い環境へ身をおき、やがて精神が崩壊してしまいます。


少しでもやばいかなと感じたら直ぐに相談できる人へ相談して下さい。


家族や友人に言えない場合は、カウンセラーの方に聞いてもらうのが良いでしょう。


もう一度書きますが、僕たちは辛くなる為に働く訳ではありません。


仕事を通じて幸せになる為です。

仕事の成果が出ないとき + 考える時間が減ってきている

仕事の成果がでない時、あなたの視線はどちらに向いているでしょうか??


f:id:greathelp:20200805054139j:plain


部下がいてマネジメントとプレイヤーの両方をこなしている方、どうしても上手く行かない時は誰でも経験があると思います。


僕も過去、幾度となくそういった経験がありました。


ある時、忙しさのあまり自分と向き合っていない事に気付き、とある休日に今の自分の生活スタイルと共に振り返ってみました。


その時気づいたのは、その頃の自分が仕事に対し気持ちが少し少なかった事です。


部下を任された時は、毎日の激務にプラスし部下の事も毎日考えていたのが、いつの間にか気持ちに余裕が無くなり仕事の事を考える時間が減っていたのです。


そうここでポイントは、考える時間が長いほど、物事を極めて上手く行く可能性が増えるという事です。


つまりリーダークラスのモチベーションが下がると部下は必ず影響を受けます。


人は周囲の影響を受けやすい生き物です。


ただ、リーダーだって人です。


モチベーションが左右される事だってあります。


ですから、上手くいかない時は、疲れ過ぎて仕事を楽しめていない時です。


経験上、そんな時に無理矢理モチベーションを高めるのは無理ですし、メンタル的にも良くありません。


一旦、自分の中で感情を理解し、周りの力を借りましょう。


日常から部下と信頼関係があれば、上司が疲れていると力になってくれます。


中間管理職は経験した方にしか気持ちは分からないけど、けっして1人だけで抱え込まないようにして下さい。


モチベーションが下がってる時点で赤色信号です。


そうなる前に、自分と向き合う時間を確保しましょう。

中間管理職から必要なスキル + 結局大事なのは◯◯

自分の役割を意識すればより、成長できる。
f:id:greathelp:20200804052519j:plain

これはつくづく感じてます。


自分の役割を意識して、理解しているのとしていないのでは随分、仕事の成果や生き方に違いが出てきます。


例えば、会社の中間管理職(係長、課長)の方が自分の役割を理解せずに日々仕事をしているとどうなるでしょうか?


感情や自分の立場だけで部下へモノを言ってしまい部下のモチベーションはただ下がるだけになってしまいます。


自分の役割を理解していると本当に会社にとって、部下にとって大切な言葉をプレゼントしてあげる事ができるんです。


後は、自分にしかできない業務と他の人でもできる業務が混在してしまい、部下の業務を取ってしまっているパターンも良く見かけます。


これでは本末転倒で、本来やるべき仕事が滞留して、部下も一個上の仕事が経験できず、もう何をしたいのか分からない状態です。


ここでも自分の役割を理解しておけば、自分は自分にしかできない業務を、部下には成長できる業務を与える事もできます。


筆者は中間管理職~1番大切な業務は人に係わる事だといまだに思っています。


色々、細かい業務~プロジェクトまで沢山有りますが、まだまだこの世界は人が主役です。


自分の役割を意識する所から始めましょう。

日常を楽しむ + 朝のコンビニで意識して見る事

毎日、何かを意識して生きるだけで日常が、楽しくなる話をします。


つまりボーと生きるのでは無く、自分の活動を意識して行う事です。


朝のコンビニで、意識していないと、ただ人が多い、早くレジ終わらないかなと思います。



f:id:greathelp:20200803045746j:plain



これではイライラが溜まるだけで何も得る事はできないですよね。


それよりもどんな世代が多くてどのようなモノが売れてるとか、ジロジロは見れませんが(笑) 意識して見る方が世の中のリアルな流れが把握できます。


商売をしている人にとってはこれほど有益な情報が無いでしょう。


今まで意識せずにきた日常を自分の人生にリンクさせるだけで本当に得たい必要な情報も入るようになってきます。


ボーとしてると、スルーしてしまう事って意外と多いものです。


特に、朝のコンビニはネット販売等されている方にもかなりのヒントになります。


この世代はこの時間はコンビニの駐車場でスマホを触ってる等、すごく参考になります。



日常での意識、とても大切です。

4時半早起きを半年続けるとどうなる ?! + 実経験を元に解説

月曜日~金曜日まで、朝4時半起きを半年間続けるとどうなるか、筆者の実経験を元に解説していきます。


元々、4時半に起き出したのは朝活をする為でした。


f:id:greathelp:20200802100022j:plain




読書やネットでの情報収集、トレーニングと筆者の朝は起きてから通勤するまでかなりタイトにルーティンをこなします。


こういった生活はもうかれこれ数年たつのですが、
半年くらい続けた時にふと感じた事があります。


体調が良い
考え方が冴えるようになった
太らない
便秘が無い
仕事の生産性が高まった
休日も自然と早く目が覚める
夜よく眠れる


上げればキリが無いのですが、人間の日常の悩みの大半は解消できている気がします。


確かによく考えれば、原理原則にのっているなと思います。


朝早く起きるから夜眠くなる

眠くなるから早く寝る

規則正しいから便秘にならない

朝活で脳が冴える

勉強で思考力が上がり仕事の効率が上がる

達成感があるので心も明るくなる


なんか、早起きって全てに繋がっていて、原点だなと思います。


ただ、早く起きてもスマホばかりいじっているとあまり意味は無いので、せっかく早起きできた日は自分にとって意味のある活動を心掛けましょう♪

年上部下ができた時 + 更に 元上司ならどう対応すると良いか

リーダーになった時、コミュニケーションで本当に悩んだ時にやった解決策について経験を元に書いていきます。



f:id:greathelp:20200801092634j:plain



筆者に初めて部下が出来た時、年上の方から、若い子まで様々な年代や価値観をもったメンバーで揃っていました。


その中には元上司であったり、まだまだ勉強不足&ハートがガラスの(笑)筆者にとってはある意味地獄の日々でしたね。


今でも覚えてるのは帰ってから、表情を見て妻が無理に続けなくてもいいよと言ってくれた事です。


その言葉を聞いて、そうか駄目ならまたやり直せばいいから、今できる事をやろうと決心できました。


今思えば懐かしい、青春です。(笑)


そこで筆者が年上部下に対してとった行動は、



とにかく甘えてみる事でした。


甘えるといっても、その人が得意なジャンルについては知っていてもあえて頼ってみる事です。


人は頼られると嬉しいものです。


ただし注意ポイントは判断はなるべく早くやってあげる事でしたね。


的確な判断をしていくと、年上部下の方は、いつかこの人には勝てないなと、ある意味気を許してくれるようになりました。


その為には、勉強はかなりしましたけどね。(笑)


とにかく知識をインプットしては会社でアウトプットしまくってた時代です。


後は若い世代に対してはとにかく与える事を一人ずつ丁寧に意識しました。


経験の浅い方は困った時に助けてくれる人を求めますよね。


一気に全員は無理なので1人ずつ攻略していきました。


すると自然と他の人も噂を聞いて指示を聞いてくれたり、自発的な行動をしてくれる人まで現れはじめましたね。


社会に出ると人間関係も色々あります。


初めてリーダーになった時は一番しんどい時期です。


ただそこを乗り越えると待っているのは光です。


やれるだけやっても無理なら選択肢は他にも沢山あります。


大丈夫です。


ゆっくり1つずつ解決していきましょう。