2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

2020年 春 気分は真っ白なパーカー + universal products

白い服ってどんな印象ですか?


色もプリントも無いまるでキャンパスのような印象を受けます。


筆者もトップスは春~夏にかけてよく白を着ます。


ただシンプルで、着ていて気持ちまでリラックスできる白。


本日はユニバーサルプロダクツより白無地パーカーが発売されていたのでアップします。




f:id:greathelp:20200320074209j:plain

値段も手頃な16,500円。


このブランドは作りもしっかりしていますので、かなり長く愛用できるアイテムです。


色薄めの501合わせたい!!


今、そんな気持ちでいっぱいです。(笑)


汚れてきたら後染めするのも服を大切に着る事に繋がりますね。


やっぱカッコいい服を着るとテンションも上がりますよ♪


気になった方は是非チェックしてみて下さい。
↓↓


出世する人の + 上司からの上手な指示の受け方

上司からの指示を悟る。


これは日常、上司からくる指示の裏側に気付き遂行する事で結果を出し評価を上げる方法です。


どういう事かと思った方が多いと思いますので、説明して行きます。




「今月中に◯◯について◯◯%上げて欲しい」


日常によくある数字を上げてくれという指示です。


プロジェクトとしては数字という明確な目標があるので分かりやすいですが、そう簡単には上げられないとします。


そんな時「無理です!!」ってなっていませんか?


その任務を遂行するには、自分も部下も+業務になるので負荷が増えますよね。


しかし、出世していくサラリーマンはこう言います。


「承知しました。具体的にはどの程度の向上を求められているのですか?」と。


上司も更に上から求められている事に気付いた会話ですね。


その時に、その目標を達成する為に優先度を変更する(今やっている優先度の低い案件は一旦止める)交渉をするのも部下を気づかった方法です。


気持ちに気付いてくれたあなたに対しきっと上司は本音を話してくれるでしょう。


上司だって昔は同じ事を嫌というほど経験していますので、気持ちは分かった上での依頼です。


そして、そこで数字を出せば必ず評価されます。
(他の方がやりたがらないからこそチャンスです)


f:id:greathelp:20200319052533j:plain



本当にサラリーマンってやり方、考え方次第で、給料も立場も変化するので面白い職業ですね。


人事の超プロが明かす評価基準 (単行本)

人事の超プロが明かす評価基準 (単行本)

  • 作者:西尾 太
  • 発売日: 2015/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

忘れた事で被害が大きくなった経験はありませんか? + メモによる忘れていい習慣がかなり効果的

人は忘れる生き物です。


経験はありますか?


ついうっかり上司へ報告を忘れてしまい後で大きなトラブルに発展した事。


その時にすぐ相談していれば被害を最小限に出来ていたのにと後悔しても遅いですよね。


なぜそのような事が起こるかというと全て頭だけで忘れないようにしている為です。


仕事をしていると同時に色々な情報が入ってきます。


それを頭だけに入れておくのは不可能だし、覚えておかないとと思うほど忘れます。


防ぐ術は緊急か緊急でないかを見極め、緊急時はすぐに行動、緊急では無い場合はメモして忘れる事です。


f:id:greathelp:20200318073124j:plain



メモは忘れないようにでは無く忘れる為のモノです。


頭の中がゴチャゴチャしてると目の前の仕事も片付きません。



メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)





メモの習慣を付け頭の整理の達人を目指しましょう。

目標達成の近道 + 真の目標を理解する、しないで開く差とは

目標は真の目標も理解しておく。



f:id:greathelp:20200317053052j:plain



シンプルですが、意外と出来ないのがこれです。


例えば、会社では上期は◯◯%下期は◯◯%等の具体的な数値目標があります。


これは予算を考えなければいけないので出す必要があるのですが、数値目標のみに考えが向いてしまうと危険です。


目標は確かに上期中に◯◯%達成ですが、そのプロジェクトの依頼者の満足度も数字に出せない目標額です。


依頼者(会社の上司やお客様)の満足度を上げる事が目標だと理解していれば、途中迷う事はほぼ無いでしょう。


つい、目先の数字に惑わされるのですが、プロジェクト開始時にはよくチーム内で真の目的を共有しておく必要があります。



息を吸って吐くように目標達成できる本

息を吸って吐くように目標達成できる本



後は日常での目標については依頼者は自分になります。


つい自分の事になると、目標が曖昧になりがちです。


今年こそ朝活をするとか、読書するとか、運動するとか色々あるかと思います。


数値目標は、朝活なら月曜日~金曜日の毎朝30分、読書なら1日6ページ、運動なら毎日30分ランニングし体重◯◯を目指す等です。


真の目標は自己啓発による、自分の成長ですね。


変化を起こしワクワク生活している人は具体的な目標を持って、真の目標を理解しています。



未来を変える目標 SDGsアイデアブック

未来を変える目標 SDGsアイデアブック



ただ、冒頭にも記載しましたが、真の目的をしっかり理解し進めて行きましょう。

声に出せない表情にこそマネジメントのヒントがある + 上司に必要な観察力とは

人それぞれが色々な事を考えながら日々生活しています。


何を考えているかは本人しか分かりませんが、少なからず表情に出る場面もあります。


不安が大きい時は表情も緊張し固く、楽しみがある時は明るく柔らかい表情となります。


声には聴こえない表情、そこに気付く力、それは観察力です。



f:id:greathelp:20200316050607j:plain



特にマネジメントする立場の方は、この観察力が大切な能力になってきます。


あれ、今日部下の◯○さん表情がいつもと違うとかに気付く、気付けないで随分変わります。


別に解決してあげるという意味ではありません。


間接的にフォローしたり、何気ない声かけで充分です。





筆者も若い頃は、この観察力の優れた上司に何度救われたでしょうか。


仕事に心が持っていかれ、負けそうになった時、その一言、声かけで随分気持ちがリセットできたものです。


これは日常のトレーニングが必要で、その時だけ見るのでは分かりません。


日頃、どのくらい部下の表情を見れてますか?


パソコンの画面に負けないくらいの気持ちで、見に行きたいですね♪



観察力を磨く 名画読解

観察力を磨く 名画読解

部下が増えると仕事は大変になる ?! + これからの価値観に合わせた育成が必要

普通に考えると、部下の人数が増えれば増える程管理が増え大変になります。


部下の人数=管理の数


f:id:greathelp:20200315081906j:plain


このような式をイメージされる方が多いと思います。


もしそれが本当であればやはり上に上がる程、仕事は大変になります。
(自分の仕事+部下の仕事の管理)



ただ、時代は管理型からフラットな組織へ変わろうとしています。


これからの社会を引っ張って行く、現在の若手(20歳~30歳くらいまで)と呼ばれる方達の価値観が我々とは違うのも要因の1つと考えます。


会社の各部署、チームを見ていてつくづく感じる事です。


我々世代(30代中盤~40代前半)が入社した頃は、必ず誰かリーダークラスが自然に出てきていたのを思い出します。


別に役職を与えられた訳でも無く、人に言われたからでもありません。


価値観の中に出世が強かったのでしょう。


現代の若手の方は、出世が価値観にほぼ含まれていません。


つまりフラットな組織での運営が必要になってきます。


よって管理が必要なくなります。


リーダーが不在なので、より一人一人の個性を尊重し見てあげる必要があります。


管理では無く必要なのは部下を見る事です。





出世意欲は無いですが、自己成長への感心は高い方が多いので、得意な事や興味ある事を伸ばし個別に指示を出すようになります。


これまではリーダーに全てを振り仕事を進めていたかもしれませんが、リーダーも得意、不得意があります。


それよりも個性を伸ばし、生産性を高める進め方の方が必ず利益を生むでしょう。


これからの管理者は、より柔軟な対応が求められます。


どちらかというとカウンセラーに近い立ち位置です。


これからは価値観が人になってきます。





人を見る事は必ず結果に繋がります。

不安を抱えやすい人は意外と多い + ○○をすると不安減少効果が高い

未来は読めない。



人が不安になるときは、まだ起きもしない未来の事でなると言われています。



f:id:greathelp:20200314081911j:plain


日記を付けていけば分かるのですが、夜寝る前に考えた翌日の仕事、朝起きて考えた事、休みの間によぎる月曜日の事。


不安の9割は起こらないと実験でも検証されています。








なぜ、それなのに我々は未来を考えるのか。


それは現実を楽しめていないか、ワクワクしているかだと思います。


現実に不満がある場合は必ず未来に不安が出てくるし、逆にワクワクして夢を見る場合もあります。


ワクワクとは不安と期待です。


つまり我々は未来を見る癖(習慣)があります。


3年後にはこうなっていたいとか、目標がある方も沢山いますよね。


なので未来の事を考えるのは決して悪い事でもないし、考えていくべきです。


ただ、注意が必要なのはネガティブな事は考えてもほぼ起きないので、そのエネルギーを少しずつポジティブな事を考える方へ修正していく事です。


特に夜寝る前に考えると寝ている間に脳で整理され記憶に定着化しやすくなります。


よく、寝る前に考えたネガティブな事が夢に出てくる経験をされた方もいるのではないでしょうか?


筆者も以前はよくありました。(苦笑)


すごく疲れるし、朝、精神的にキツいですよね。


なのでまずは自分を納得、理解させる為に不安に感じた事を書き出し、評価して下さい。


不安のほとんどは起きないんだと自分が納得できた時、ポジティブな未来を考える人に変化します。


日記、スマホのメモ何でも大丈夫です。