2RAPの1分で読める サラリーマン親父の自己啓発ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

30代サラリーマンがこれから成果を上げる為に + 時間を意識してみる

もう少しだけ時間を意識してみる。



f:id:greathelp:20210503043534j:plain



30代サラリーマンが成果を増やすには今よりも時間を意識すると良いです。


30代というのはまだ若さも有り、経験もある程度してきてまだまだ何でもできる年代だと思います。


家庭ではまだお子様も幼稚園や保育園、小学生といった年代の子が多いと思います。


仕事でも早い人では管理職をやられる方もいます。


そんなプライベートもビジネスも多忙な年代だからこそ時間を今よりも意識するべきです。


30代はまだまだ時間がいくらでもある感覚になってしまいがちです。


サラリーマンを続けるならまだ30年近くありますから。


残業も休出もまだ対応できるかもしれません。


しかし時間は有限なのと40歳からの働き方を意識した時にはもう少し働き方を考えていきたい所です。


40代といえば会社では部下の育成や大きな案件を任され、家庭ではお子様の受験や就職等が入ってきます。


更に体力や気力も今よりも下がってくる事が予想されます。


そんな中30代と同じ働き方では時間が足りなくなります。


今は残業すれば良いと思っていてもなかなかできなくなってきます。


筆者は今30代後半ですが、やはり以前のような残業は段々できなくなってきました。


やはり子供の用事等の時間が増えてくる為、ライフバランスが変化してきたのも理由の1つです。


そこで意識したいのは冒頭で記載した時間です。


いかに効率よく作業を進められるかがポイントです。


その為には自分にしか出来ない事、やるべき事と他の方でもできる事に分ける事が大切です。


部下に任せても大丈夫な事をいつまでも上司がやっていてはチームの成果は絶対に上がりません。


それはその上司がいないと仕事が進まないからです。


これではうかつに有休も消化できませんよね。


上司の大切な役割はチームの運営と利益を上げる事です。


自分がいないと駄目だという自己満足に落ち行ってしまうとそれ以上の成果は上げられません。


やはり人一人の生産性には限りが有りますから、必ず働き方を見直していく必要が出てきます。


ぜひ時間を今よりも意識してライフバランスを調整し40歳からもイキイキ働けるように今の内から準備しておきましょう。

若い世代の価値観とは + デキるリーダーの共感術とは

今の若い世代が共感する上司の姿とは。


今の20代までの若い世代の方達は我々30代以上の世代とは価値観が違います。



f:id:greathelp:20210502070420j:plain


中には30代でも今の20代と同じ価値観を持っている方もいますが、今日の説明では切り離して書いていきます。


さて会社の組織において若い世代の方達をどう導いて成果を上げていくかは課題です。


社会での働き盛りは30代〜50代と言われていますが20代には凄いエネルギーと将来があります。


確かに経験で言えばまだ少ないかもしれませんが、この世代が盛り上がっている会社は発展し続けるでしょう。


結論から書きますが20代の方の価値観はお金ではありません。


それはさほど困ってこなかったからです。


欲しいモノは買える時代だからです。


その時代に足りないモノが価値観になります。


食料が無い時代は食、お金が無い時代はお金、そして今は存在です。


存在価値が価値観になっています。


更に今はステイホーム等、環境が変わった中で次の世代はまた価値観に変化が出てくるでしょう。


若い世代を盛り上げる事のできるリーダーは今の価値観をよく理解しています。


無理矢理自分の価値観を押し付けずに相手の価値観も理解する努力を惜しみません。


そうやって日々教育に励みます。


まずは相手の価値観を知る事が大切です。

人生を心から楽しむには + 2つの凄く大切なポイント

人生を心から楽しむ考え方について。



f:id:greathelp:20210501051404j:plain



経験を元に2点、記載してみます。


良いなと思っていただける内容があれば明日から試してみていただければと思います。


では、さっそくですがまず人生を謳歌している人は他者との比較はまずしません。


人は他者と自分を比較してしまう生き物です。


子供の頃からそうでした。


あの子より足が早い、背が高い、頭が良い。


大人になってもそうです。


あの人より給料が高い、賞与が高い、仕事がデキるとかデキないとか。


散々比較して優越感を得たり挫折したり、子供の頃からずっと比較してきています。


これはある種本能です。


ただ気付きたいのは、その本能をそのまま受け入れて他者との比較を続けていると幸せにはなりにくいという事です。


何故かと言いますと矢印が常に周りの人へ向いていて、いつも目線が気になって本来の自分を出せないからです。


本当はこうしたいけど周りもこう言ってるしと、自分の考えより相手の考え方を優先してしまいます。


でもよくよく考えると僕達は自分の人生です。


これではまるで他者の人生を歩いている感覚になります。


ここを抜け出す事が大切です。


あっと思った瞬間に意識して他者との比較を辞めてみて下さい。


まずは気付いた時でも大丈夫です。


意識して出来るようになればいずれ無意識でも出来るようになれます。


そして次に今をやりきっているかどうかです。


今日を謳歌できない人は明日を謳歌する事はまず出来ません。


今日が自分の中で中途半端だと明日も同じ日になります。


明日から頑張ろうでは無く今この瞬間が凄く大切なんですね。


今日出来る事は明日したら駄目です。


今日出来る事は今日やりましょう。


命の時間は有限です。


人は日々成長します。


過去より今の方が経験値は増えて絶対出来る事は増えています。


今を大切に生きましょう。


以上、人生を楽しむ為の気付きを簡単に書いてみました。


ポイントは、他者との比較と今を全力で生きる事です。


この2つ、シンプルなようでとても難しい内容ですが意識していけば必ず習慣にする事ができます。


ぜひ今年1年を使って習慣化を目指してみて下さい。

仕事のやる気が無くなったけど辞めれない時 + この考え方で乗り切る

仕事に対するやる気が無くなった時の対処法について。



f:id:greathelp:20210430053258j:plain



仕事のやる気が無くなるのは理由は様々です。


根本的には、大半の方が元々興味が無い事を努力して何とかモチベーションを上げて継続していくからです。


食べていく為です。


確かに経験する過程でその職業を好きになり極める方もいます。


しかしやはり元々興味や好きでは無い事を継続するのは人はストレスを感じてしまいます。


そこでやる気を失ってしまった時はどうすれば良いかです。


結論から書くと選択肢は以下3つです。


1.転職か独立をする。


2.我慢して続ける。


3.好きになる様に工夫する。


この中で多いのは2か3では無いでしょうか?


やはり家庭があると1はかなり勇気がいる行動です。


そして2か3は結局続けるのですが、内容はまったく違います。


2は我慢する為、ストレスがかなりかかってきます。 


働く8時間がかなり辛くなるでしょう。


1を選択できない場合は、3を選択するのがオススメです。


例えば、今の仕事の中で自分の興味や好きな内容を極めその割合を増やしていく事です。


というのが筆者も現在サラリーマンをしています。


かれこれ数十年経ちますが、決して初めから興味があって始めた訳ではありません。


大半の方がそうだと思いますが。


更に学生時代に選択してきたジャンルともまったく畑違いの内容です。


なので当然仕事に対してのモチベーションは高くありませんでした。


そんな中、面白いなと思ったのが人に関わる内容でした。


例えば、教育等のマネジメントです。


ある程度権限が付いてからは人員計画等もできるようになったのですが、そこから更に極めたくなり心理学の資格等もプライベートで取るまでになりました。


そうなってくるとそういった仕事は依頼が入ってくる回数が増えてきましたので、会社の業種には興味無くてもやる気は維持できました。


勿論、興味が無い仕事も当然こなさなければいけません。


でも好きな内容がある事でバランスが取れます。


そんな感じで、会社の業種だけで判断せずに仕事内容の中から自分の興味がある内容を把握し取り組んでいけば何か見えてくるかもしれません。


お金に興味がある人はコストダウン等、検討し実践すれば成果として評価も受けます。


人は興味がある事しか見えません。


これは本能で人の原理原則です。


なので迷った時は原理原則に乗っ取り考えると良いです。


興味が無い事を好きになるのはほぼ不可能です。


そこに膨大なエネルギーを使うなら興味がある事に使いましょう。


サラリーマン人生って長いようで短いです。


ぜひ好きな事をする時間を増やしていきましょう。

人から信頼される人 + 守るという行動

人が人を信頼する瞬間について。



f:id:greathelp:20210429063509j:plain



人に信頼される為の日常の対応について書いて行きます。


人に信頼してもらうにはまず、自分ならどんな人を信頼するかを考えてみてください。


提出期限を守る、報連相が上手、有言実行、いざという時に守ってくれる、約束を守る等、信頼を得る為の行動はある程度決まっています。


後は、自分の役割の中で何が一番大切かを考えます。


上司の方なら、守ってくれるというのがやはり信頼を得やすい方法です。


いざという時に守ってもらえなかったり、部下との約束より上司との約束を優先した時には間違いなく信頼は失われます。


そして部下の方は、期間を守ったり、報連相により上司からの信頼を得る事ができます。


ここで共通点があります。


守るという事です。


立場で意味は変わってきますが、やはり人は守ってくれる人を好きになります。


信頼も出てきます。


まずは自分の立場での「守る」を意識して行動してみましょう。


確実に信頼を得る事ができます。

子供の将来 + 大人がワクワクをプレゼントしている

子供が将来ワクワクできるのは大人がワクワクしているから。



f:id:greathelp:20210428041236j:plain



子供は常に大人のあなたを見ています。


会社から帰って疲れた表情やバリバリ働く姿、楽しそうな姿等親の表情や姿を見ています。


疲れた表情をしていると大人って大変なんだ、会社って辛い所なんだって思います。


それはそうです。


会社とか仕事の経験が無いから大人を見てイメージするしか方法がありません。


逆にいつもワクワク楽しそうに働いている姿を見ると、子供も自分の将来にワクワクします。


どうでしょうか??


仕事から帰ってきた時、疲れた表情のまま子供に接していませんか?


勿論、辛い日もありますので毎日切り替えるのは難しいかもしれません。


ただ少し意識するだけでそれが習慣になり、明るい表情を作り出す事ができるようになります。


毎日玄関を開ける前に切り替えて、元気な声で「ただいま」と伝えてみて下さい。


その元気な「ただいま」で子供は将来のワクワクが増えていきます。


将来、どんな職業に就くかは子供達が選択していきますが、働く事に対してのワクワクを少しでもプレゼントするのが大人の大切な役割です。


ぜひ明日から玄関を開ける時、少し意識して開けてみませんか??

たまにしかやらない作業 + 不安とミスを減らす方法

ミスを減らすには日頃からマニュアルを作り続けておく事が有効です。


仕事ではルーティン作業と月に1回等の作業に分かれると思います。


f:id:greathelp:20210427042619j:plain



ルーティンは毎日行うので忘れないのですが月に1回等の作業は忘れてしまう可能性が有ります。


そして実際に着手する前になると、やり方がどうだったか不安になり思い出しながら行なうようになります。


それではミスの確率も増え膨大な時間がかかってしまいます。


どうすれば良いかといいますと、つど簡単なマニュアルを作っておくと次回より見ながらやれば良いので効率よく作業を進める事が可能になります。


マニュアルといっても立派なモノを作成する必要は有りません。


前回作成した資料に手書きか、パソコンでメッセージを肉付けしPDF等で保管しておくと楽で便利です。


たまにしかやらない作業こそ次の事を考え準備する事で不安を減らしておくとミスを減らす事ができます。


これは本当にオススメです。


ぜひ試してみて下さい。