2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

上司を承認する + 安心感が出ると出世までもう少し

上司を承認できる人は間違いなく出世します。


「すごいです」「よかったです」


色々な褒め言葉がありますが、部下と違い上司は少しの承認でも嬉しく感じるものなのです。


何故かと言うと、常に部下の事が頭にあるし、悩んでいるからです。


そんな部下が少しずつ成長したり、積極的に仕事をしてくれた時、喜ばない上司はまずいません。


まるで我が子の成長の様に、嬉しくなるものです。



f:id:greathelp:20200519053305j:plain




これは会社の上に行けば行く程、部下のマネジメントに関わる事が増えるからですね。


結局、マネージャーは人が見れてこそだと思っています。


専門分野は専門職の方がいてくれますが、組織の人はマネージャーにしか見る事ができません。


そんな中、少しでも部下から承認されたら本当に嬉しいですよね。


そうすると、やはり人ですから、一個上の仕事を任せてみようかなとか、色々考え出します。


そうなるとチャンスです。


その仕事を60点で良いから、期限3日前までに提出してみて下さい。


それは、喜びますよ。


修正は一度提出してから必ず入るので、早めの提出を守りましょう。


理想は修正込みで3日前までに終わらせる事です。


それを繰り返していると完全に信頼が生まれます。


上司の直感から見たその人の安心感というモノは目には見えませんが、これを持つ事で出世への近道は間違いありません。


筆者も日常、感じる個々への安心感。


不思議ですが、その安心感を元に色々任せる事をしています。

月曜日を乗り切るメンタル + 想像するなら月曜日の夜の事

月曜日を乗り切るメンタルとは。



f:id:greathelp:20200518051536j:plain




誰でも憂鬱になる日曜日の夕方。


月曜日というのは2日休んだ後+休み中に溜まった仕事に追われる忙しい日ですよね。


筆者も連休中色々あるとその対応からスタートします。


午前中で力を使い果たす感覚ですよね。


確かに会社に行くまでは憂鬱ですが、実際夕方仕事が終わった時はどうですか?


凄い量の仕事をやりきり、帰って飲むビールは格別では無いでしょうか?
(飲まない方はすみません。)


何かを始める時は見えない未来の事で不安になるものです。


その先にある未来までは考えがいきません。


ゴール時点の自分を想像する事で気持ちが楽になります。


そして月曜日を乗り越えたら他の曜日は大丈夫です。


そんな感じでサラリーマンは次の連休まで働きます。


ぜひ日曜日の夕方は月曜日のゴールを思い浮かべながら開き直る事をオススメします。


本日もお仕事お疲れ様でした♪

行動できる人は頭で何を考えているのか + ◯◯認知

行動できる自分になる為に。



f:id:greathelp:20200517082103j:plain




行動できる、できない。


これは性格だから無理と思っていませんか?

そんな事は全くありません。


行動力のある人はしっかり自分の分析ができています。


つまり迷うロス時間を徹底的に削減しています。


何かやろうとする時に人は頭で考えます。


あれこれ考えている間に面倒になったり、できないと思い込んで中止します。


ここを改善する必要があるのですね。



メタ認知とは、簡単に説明すると、自分の事を客観的に見る事です。



メタ認知で〈学ぶ力〉を高める: 認知心理学が解き明かす効果的学習法

メタ認知で〈学ぶ力〉を高める: 認知心理学が解き明かす効果的学習法

  • 作者:三宮 真智子
  • 発売日: 2018/09/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



鋼のメンタルを手に入れる ゴリラ式メタ認知トレーニング

鋼のメンタルを手に入れる ゴリラ式メタ認知トレーニング

  • 作者:いっちー
  • 発売日: 2020/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



この認知を分析できていれば、自分の得意な事、苦手な事を理解、改善するので迷いが減ります。


具体的に、上司から新しい仕事を依頼されます。


まだイメージがわかないので得意かどうかも分かりません。


少し内容を理解できた時、躓きます。


難しいと。


ここで道が分かれます。


前へ進む、停止する。


前へ進む人は今の自分の知識でできる事から始めます。


そしてよく分からない箇所でネットで調べればできる事と社内の事(ネットでは無理)に分け、とにかく自分にできる事と他人の力が必要な部分に分けて進めます。


停止するのは、分からないに支配され分析が出来なくなるからです。


何事も人は初めての事は完璧にできません。


自分にできる事はすぐやり、不足分は勉強と他人の力を借ります。


結果、仕事が片付けば目標は達成です。


これが行動する人への第一歩です。

成功したい場合 + まずは◯◯してみる

成功したいならマネするのも大事。


大抵の方が成功したいと心で思っています。



f:id:greathelp:20200516080941j:plain



仕事で成功したい、事業で成功したい、色々あります。


まず成功したい人がやるべき事は成功している人のマネです。


なぜかと言うと、成功がなかなか掴めない場合、自己流だけに拘っているケースが多いのです。



マネする事っていけない事でしょうか?


筆者は決してそう思いません。


世の中はマネをしあって成長しています。


人の優れた所は長い努力により今の力を発揮しています。


それならそのすごい力を少し借りて自分のやり方に加えた方が確実に成功する確率は上がります。


自己流だけにすると、成功しにくい習慣が身に付きます。


自分の力だけで成功したいと思うのは男としてありますが、まずは自分の本当の目的、目標を考えてそれが達成できる事が大切です。


マネするのはやはり本が1番良いです。





著者が何年、何十年と積んできた知識が1冊にまとまっています。


よく考えると本は最強の成功ツールです。

自信の具体的な付け方 + 3つの手段

自分を好きな人は自信に満ち溢れる。


今日のテーマは自信です。



f:id:greathelp:20200515053502j:plain




社会に出ると、この自信という言葉がどれだけ大切なモノかつくづく感じます。


自信が無いと、意見を伝えられなかったり、判断ができません。


まだ上司が側にいて頼れるなら良いのかもしれませんが、判断をする立場になった時に部下の相談に対して判断できないのは厳しいです。


では、自信はどうすれば付いてくるのかです。


過去記事でも自信の付け方は説明させていただきましたが、今回も簡潔に実体験を交えながら書いていきます。



1.プライベートで勉強する事


1日5分、10分でも効果は大きいです。


毎日勉強できている自分に自信を持てます。


毎日勉強が終われば自信も付くと思い込んで下さい。


習慣になればかなり自信に繋がります。


2.好きな事を極める


人は苦手な事を克服しようとする傾向がありますが、まず興味や好きな事をとことん極める方が絶対に得です。



苦手な事は得意な人に任せ、自分にしかできない事に特化した方が、生産性も評価も上がります。


3.開き直る



これは精神論ですが、会社で日常のミスとか何かあっても会社をクビになる訳でも無く、よっぽどで無い限り、会社も潰れません。



後は答えのない打ち合わせでの意見交換の場合、大抵は頭の良い人が言った事で周りの8割はクビを振ります。



ただ毎日勉強した自分らしく意見を伝えた方が良いですね。


答えに間違いはありませんから。


どうせ内容なんて誰も覚えてませんから、少しインパクトを残すくらいが良いです。




上記を習慣にしていくと自分を好きになります。


よって自信が付いた証拠です。

リーダーに大切なのはリーダーシップとマネジメントどっち? + 結論は

サラリーマンのリーダーには、リーダーシップとマネジメントどちらが重要なのか。


リーダーの方(管理者意外)は日々、部下の事は自身の事でも悩みながら前へ進んで行っていると思います。



f:id:greathelp:20200514053737j:plain




さて、結論から書くと両方必要です。


まずリーダーシップは、自分のチーム内でリーダーが掲げた目標に対し導いていく事です。


マネジメントは、会社の目標、社長からの指示をいかに部下へ伝達し纏めるかです。


つまりマネジメントは会社、リーダーシップは個人の区分けもできます。


そしてよく例えられるのが、リーダーは父、マネジメントは母ですね。


少し強引だけど力強い父、決め細やかな優しさの母


リーダーって両方の役を全うする役職なのです。


時には男らしく引っ張る事も必要で、でも個人個人の事を見ていてまめに声かけしたり。


長年勉強していると、だんだんこのスタイルに近づいていきます。


ただ、どちらを優先にするかはマネジメントだと思います。






お互いの心の土台ができていない状態だとリーダーシップが発揮できないケースがあるからです。




「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

  • 作者:岩田 松雄
  • 発売日: 2012/10/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マネジメントをまずは優先的に行う事で、母と子の関係に近くなります。


そしたら、父の登場ですね。


母ばかりだと甘えが出てしまう時に、リーダーシップで導いていく。


こういう事を考えなら仕事をすると、リーダーとして成長し、管理者になった時に部下のマネジメントで苦労しなくてもよくなります。


前を見て進んでおられる方は1年後、3年後の自分を想像しながら仕事をすると数年後に想像を越えた自分と出会う事になるでしょう。

必ず毎日上がるモノ + それは経験値

僕たちは毎日色々な経験をする。


サラリーマンである我々は、毎日朝起き、会社で働き、夜は晩酌して寝ます。
(晩酌は人によりますが 笑 )


そんな毎日ですが、1日に実はかなりの経験を得ています。



f:id:greathelp:20200513053143j:plain




初めての仕事に挑戦してみたり、新しい言葉を聞いたり、話し方の工夫をしたり、トラブル対応をしてみたり、何となくこなしている毎日ですが、少なからず昨日の自分よりかは経験値は上なのです。



だから自信を持っていいんです。


昨日より経験しているのですから。


そこで更に成長を2倍にしていくには、学習した事をうまくアウトプットしていく事です。


午前中聞いた自分にとって新しい言葉や知見を午後調べて使ってみたり、帰宅してググって明日使うのもいいですね。


そう、真似して全然OKです。


人の優れた所はとことん吸収しましょう。


そしてアウトプットは忘れず必ず行う事です。


そこから更なる成長がスタートするからです。


最後に、せっかく1日働くなら、1日の終わりに、自分は今日もよく学んだと心で唱えて下さい。


ただ疲れたと思うより、気持ちがスッキリします。