2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

仕事の不満が出た時 + 逆転の発想で考えると良い

仕事の目的を理解して進めるのと、理解しないで言われた事だけやる違いについて。



上司から仕事を任された時、あなたは大まかな指示でも進められるタイプですか??


よく具体的な指示が無いとどうしていいか分からないよと愚痴をこぼしてるシーンを見かけます。



f:id:greathelp:20200918051210j:plain




確かに何も知識が無かったりすると、ある程度の指示は上司側も気をつけなければいけません。


ただ、大抵の上司は相手の価値観やレベルに合わせて指示を出します。



いきなり入った新人さんに、さすがに無茶な指示は出さないでしょう。



あるとすれば恵まれていません。



もしあなたが経験値もあり、ある程度の立場であれば、上司もそこにあった指示を出してきます。



新人さんなら1~8まで答えを準備しますが、リーダークラスなら1~3くらいまでです。



逆の捉え方をすれば、具体的な指示が減る程、仕事の自由が増えています。


1~3まで具体的指示を出した場合、残りの4~10までは、あなたが好きに考えて進めてねと言う事です。



考え方を変えると、仕事の自由が増えたという事です。



筆者は、指示をもらう時に1に近い程やる気が増します。



それだけ相手を信頼し、育てたい気持ちがあるからです。



矢印が自分ばかりに向いてしまうと、不満が出ますが、指示した側にも矢印を向けると、逆にモチベーションが上がったり自分にとってプラスになる事もあります。



不満が出た時は、逆転の発想も意識してみるといいですね。

同僚の仕事や発言の理解に悩む時 + それはあなたの◯◯◯が上がった証拠

同僚の仕事や発言の理解に悩み、イライラしてしまう原因について。



f:id:greathelp:20200917050331j:plain




仕事をしていて、同等の立場の方の仕事の進め方や言っている事に対しイライラしたり、「うん?」と理解に悩んだりする経験がある方もいるかと思います。


こういった経験がある方は、仕事に対して常に考えながら進めていたり、向上心があって勉強したり、常に自分を高めたいと思っている事が多いです。


イライラするのも、理解に悩むのも、それは




あなたのレベルが上がっている証拠です。



決して相手のレベルが下がっている訳ではありません。



相手は何も変わっていないのです。




自分のレベルが上がると、相手の発言や考え方のレベルが低く感じてしまいます。



これは本人が努力している結果なので良いのですが、注意すべき事があります。


それは、相手をバカにしないという事です。



つい、バカにした顔で見たり、言ってみたりしてしまう事もあるかもしれませんが、相手は相手で今まで通り精一杯の力で仕事をしています。



そこで否定されたりすると、モチベーションが一気に下がってしまいます。


あくまで学ぶ目的は自分の為であって、相手を見下す事ではありません。


ここに気をつけて、振る舞いましょう。

大人になると勉強は必要 ? + ◯◯するなら必要

大人になると、どうしても学ばなければいけないのか??



f:id:greathelp:20200916045846j:plain




決してそうではありません。


忙しい社会人になっても学ぶ人と学ばない人に分かれます。


それは選択の自由であって、絶対学ばなければいけないとゆう訳ではありません。


では勉強する人は何故、勉強にお金と時間を投資するのでしょうか??


選択肢を増やす為です。


選択肢が増えると、人生の可能性が増えます。


そして、会社だけに依存しない人間になれます。


自分の力だけでお金を稼ぐ事もできます。


ライフワークに使える時間が増えます。


ライスワークだけで人生が終わりたくないと、強く思うのであれば学ぶ事から始めて下さい。



学ぶとは、本を読んだり、知識をインプットする事もそうですが、自分で利益を上げる為のリサーチも勉強です。


自分が輝ける世界、瞬間はどこか?



好きな事をとことん極める事から、もうすでに選択肢は増えています。


大人の学びは、強制ではありません。


ただ会社だけに頼るのが不安な方は、学ぶ事を強くオススメします。


始める年齢は関係ありません。

失敗する部下の育成 + 成功する部下の育成

部下を育てたいと、上司なら確実に思います。



f:id:greathelp:20200915052521j:plain



なんだか、子を育てる親の気持ちと似ています。


部下を育てる理由は、個々の能力を上げチームの成果を出す事と次世代を育てておく事で将来への備えが大きな目的です。


さて、ここで部下育成において注意しなければいけない事があります。


学校と一緒で知識だけを与えてしまう事です。


確かに知識は大切です。


ただ我々が学生時代に受けた知識だけをインプットする指導ではなかなか身に付かない事があります。


それは、考え方です。


アメリカでは考え方を教える場が多いのですが、日本は知識を教える場面が多いのです。


例えば歴史は、戦に勝った人物側を中心に描く為、勝った側の考えが正しく見えます。


こういった時に負けた側の視点でも考えられるようにするのが、考え方の教育です。


会社でも確かに現場を回している内は知識があればある程度は成果を出す事ができますが、リーダークラスになると、考え方が必要になってきます。


それは見る範囲が広がり、現場の細かい作業1つ1つは覚えきれないからです。
(全て経験され、上がった方は別です)


そんな時に、自分の経験が無い仕事のトラブルが起きた時に解決するのは上司の役割です。


現場に行き、現物を見てイメージしながら指示をしなければなりません。


そんな時に原理原則の考え方ができないと、部下の知識だけに頼ってしまい解決が難しいでしょう。


これから部下を育てたいと思っている方は、知識だけでは無く、原理原則の考え方をしっかり身に付け教えてあげて下さい。


自発性がある方ならきっと成長し、将来、会社の力になってくれるでしょう。

悔しさは最高の成長の材料 + まずは素直に受け入れる事

悔しいと思う感情ほど人を成長させる物は無いでしょう。



f:id:greathelp:20200914050343j:plain




感情の話になりますが、筆者が成長におけるスピード感で一番早いのは悔しさだと感じています。


色々試してきた上で、そう感じるのはやはり経験からです。


よく悔しさをバネにすると聞いた事があるかもしれませんが、これは正解だと思います。



そもそも人が成長したいと思うのは、今より成功したかったり、仕事で必要だったり、理由は様々ですが、義務的に成長を求めた時より、自発的に求めた方が成長するのは一目瞭然です。


まず成長するには、知識をインプットし、それを実行するアウトプットが必要です。


自分の興味無い事をインプット~アウトプットするのは凄く大変ですよね。


自発的な場合は、自分の興味がある所から入るパターンが多い為、スピード感のある行動が期待できます。


冒頭に記載した悔しさは、本能で求めている状態です。


そんな空腹状態は、沢山食べられる、最高の成長タイミングなのです。


仕事でバカにされたり、知識不足で会話に参加できなかったり、人にはそういった悔しいという感情がわく瞬間があります。


変われる人はそこで、喜ぶのです。


今、悔しい感情がわいてきた。頑張ろうと。


悔しいと感じたら、まずは素直にその感情を受け入れましょう。


その空腹感を糧に、成長に利用すると必ず進化しますから♪

休日の上司からの連絡 + 上司の心理を考えてみよう

休日の仕事の指示や連絡について書いていきます。


会社から携帯を支給されている方は、リーダークラス以上若しくは専門職等が多いと思います。


土日祝、深夜も動いている会社では深夜や休日もトラブルや相談で連絡がくる事も珍しくありません。



f:id:greathelp:20200913083907j:plain



まー部下からの相談は逆に相談ありがとうのスタンスが大事ですが、心配性の部下だとあれこれ構わず連絡してきてまるでメル友状態となります。


そこは事前に、ここまではあなたの判断でOKよと伝えたり、学んでいけば良いのですが、一番困るのは上司からの指示です。


休日や勤務外時間にわざわざメールで◯◯の件、今週中にお願いとか、そういった悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか??


心の中では、月曜日じゃ駄目なのかとか思いますよね。


そこでタイミングかまわず連絡してくる上司の心理を考えてみましょう。

大きく分けると以下になります。



1.あなたに依存している


2.直ぐに人にパスしないと不安


3.かなりのプレッシャーを感じている


4.仕事が大好き(会社に依存)


1.あなたに依存については、人は誰でも急務な時はスピード感のある部下へ依頼します。



きっとここに当てはまる場合、あなたは仕事ができるタイプで、すぐ期待に答えてしまう事が多いのでは無いでしょうか。



その場合、あなたは期待されていますので今の会社で生きていく覚悟なら喜ぶ内容かもしれません。
仕事はできる人に回ってきます。



ただ、もう負荷でしんどいなら、すぐ答えるのをやめるべきです。



それができないなら、部下や同僚に手伝ってもらうなどの処置をして自分の負担を減らすようにしましょう。



あなたが潰れると、家族や部下も幸せにはなりません。


2.すぐに人にパスしないと不安



f:id:greathelp:20200913083952j:plain



これはその上司の仕事量が多すぎるか、キャパが狭いかどちらかです。



おそらく上司も更に上司から仕事を振られています。



という事は会社自体がそういう風潮なので、その上司を責めても解決しません。


キャパが小さい場合は、上司が変わらない限り変わりませんので、流せる仕事は流しましょう。



言われた事を100%こなしていれば、ますますあなたに依存してきます。


3.かなりのプレッシャーを感じている


会社は上に上がる程、プレッシャーを感じるものです。



大抵の方はその役について2~3年経つと慣れてきて少し余裕が出てきます。


ただし余裕が出るのは、その期間、しっかり学んできた場合です。


出世する前と同じスタンスで仕事を進めてきた人はプレッシャーの感じ方も変わりません。


よってその上司の経験年数を見てまだ、短ければ変わる可能性もあります。


長ければ、もう変わらないでしょう。


4.仕事が大好き(会社に依存)




f:id:greathelp:20200913084033j:plain



これは、完全に自分の気持ちだけになってしまっています。



自分にはこの会社と仕事しか無いと思っていて、部下にもそれを求めるケースです。



上に立つと結構勘違いしてしまう事があります。


ただ、誰もがそうでは無いし、色々な働き方はあるので自分だけの価値観を相手に植え付けるのはよくありません。



ここはなかなか難しい部分ですが、勤務外の命令は基本流しても法律上は問題ありません。



あまりにも酷い場合は、会社に相談するべきです。




以上、上司からの休日の連絡についてまとめてみました。


こういった事から学べる事もありますので、自分がその立場になった時、どう仕事を進めるかは良く考えておいた方が良いかもしれません。


ただ現状は、あまり無理はしないようにしましょう。


自分の心を守るのも大切な仕事です。

成功する為の行動とは + 今この瞬間を意識する

成功したければ行動が大切とあります。



確かに行動しないと物理的に考えても物事は進みません。



f:id:greathelp:20200912111948j:plain


行動は頭でやりたいと思っていた事を実行する事ですが、まずそこが第一の関門となってきます。



大体の方がいつかやりたいなとか、来年準備ができたらやろうと先延ばしにしてしまいます。



それを勇気を出して今、この瞬間から実行できるかどうかで未来は必ず変わります。



部屋の掃除が良い例です。


決心して直ぐに取り掛からないと絶対部屋は綺麗になりません。


そして行動し部屋が綺麗になった時に得られるのは、単に綺麗になっただけでは無く、行動できた自信です。


部屋掃除を例に出しましたが、収入も一緒です。



お金が欲しいとただ思ってもお金は入ってきません。



世の中に価値を提供する事で対価としてお金をもらっています。


物を売ったり、知識を提供したり、必ずできる事はあります。


自分の好きな事は何か考え、まずはスタートしてみましょう。