2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

出世後のプレッシャー + 多少の開き直りは大切

会社で上に行けば行く程、守るものが増えるのが一般的です。


部下、仕事の規模、会社の利益等、責任も大きくなります。


ただ、その責任の重圧に耐えきれずに、辞めて行く方も多いのが事実です。


f:id:greathelp:20200901052246j:plain


本日は、部下が付く、中間管理職からの気持ちの在り方について書いていきます。


結論から言うと、ある程度開き直る事が自分のメンタルを守る上で必要になってきます。


何かと言うと、常に判断に迫られるので、常にストレスにさらされます。


自分の判断で物事はある程度進んでいくし、責任重大です。


とはゆえ、中間管理職以上の方も、元々は一般従業員で同じ人間です。


自分のした判断に心配になったり、後悔したり、ストレスは半端ない状態です。


ただ、最終的には責任は更に上司にある事だけは忘れないで下さい。


更に、ミスをしたからと言って、よっぽどでは無い限り会社が潰れたりはしません。


そこを良く理解できていれば、内心開き直るくらいの方がストレスをためずに済みます。


いい加減と感じる方もいるかもしれませんが、1番大切なのは、自分のメンタルを維持する事です。


ポイントを絞って、本気で考えたり、悩むのは良いですが、全てにおいて本気になると心が疲れてしまいます。


メリハリを付けて行くようにしましょう。


成り立ての方は、つい力を入れすぎて、燃え尽きてしまうパターンが見られます。


しっかり抜く所は抜いて、少しの開き直りを意識してメンタルを大切にしましょう。

成長や成果を出したい時 + まずは自分で経験してみる事

こんばんは。


本日は、結局自分で経験しない限りは、真実は分からないし、気持ちも分からないという話です。


これなら色々チャレンジしてみようと思っている方、ネットで事前に情報を収集したりすると思います。


f:id:greathelp:20200831050221j:plain



ネットを見ると、上手くいっている情報とそうでも無い情報が混在しておりどちらが正しいのかさえ分からずに諦めてしまう事も多いのではないでしょうか??


結論から書くと、どちらも正しいと思います。


世の中には、同じ事をやっても上手く行く方もいれば、上手く行かない方もいます。


上手く行ってる情報を見ると、自分もやってみようかと思いますが、上手く行っていない情報を見ると、やっぱやめとこうかなと思ってしまいます。


そこでオススメなのは、まずやってみる事です。


結局、仕事も趣味も自分で経験してみないと、理解できないからです。


会社だと上司の気持ちは、部下には絶対に理解できません。


自分で実務としてやって初めて、理解できます。


これから副業を考えている方は、まず前情報として調べると思いますが、ある程度方法を理解できたら、まずは行動する事をオススメします。


行動すると必ず、問題や課題が発生します。


そこを攻略して初めて成長と成果が生まれます。


経験を大切に意識して行きましょう。

つい考え過ぎて不安になる方へ + 考え癖を利用し成果を倍にする方法

つい物事を考えすぎて疲れてしまう。



f:id:greathelp:20200830074618j:plain




精神的に疲れている方は、過去の反省や、未来の不安で心がなかなか休まりません。


常に過去と未来が、頭の中に存在し、現在を楽しめない状態が続きます。


そんな自分を変えたいと思うけど、気付けば色々考えてしまいますよね?


ただ、朗報があって


その考え癖を成功に繋げる事ができるのです。


むしろ考えてしまうその習慣を利用してしまうのです。


物事はその事を考えた分だけ成功しやすくなります。


例えばビジネスならそこにどれだけ考える時間を当てられるかで結果は変わってきます。


悩むのはなかなかやめられません。


前回の記事で、悩みはその場所に保管すると気持ちは楽になると書きました。


これもかなり有効です。


ただ急には難しいよと言われる方は、自分でやりたい事をずっと頭で考えてみて下さい。


元々、繊細で考える能力に長けているからこそできる長所です。


筆者も元々考え癖がかなりある方で、自分で言うのもあれですが、若い時はかなり苦労しました。


そこで心理学を本格的に勉強し、今に至る訳ですが、筆者が今行っている活動でもその考え癖を利用し、成果が10倍以上になっています。


f:id:greathelp:20200830074706j:plain



自分ではマイナスと感じていた面も少し角度を変えて見てみると、意外とプラスに変換できるものです。


人には色々な個性もあり、価値観も違います。


自分の弱みを強みに変換できないか、考えてみると意外と違う人生が待っているものです。

成長を促す法則 + アウトプットを意識する

成長したいなら、インプット3割アウトプット7割が良いとされています。



f:id:greathelp:20200829074941j:plain



いくら知識をインプットしたとしても、アウトプットしないと記憶に定着しません。


普段サラリーマンの方は、どこでアウトプットすれば良いでしょうか?


ずばり会社か、ブログ等です。


Excelの関数を勉強したら翌日、直ぐに使ってみる事が大事です。


この直ぐに行動する、しないが成長に大きく係わってきます。


言われたら素直に実行する人はそれだけで世界が広がります。


f:id:greathelp:20200829075000j:plain



勉強には素直さが大切です。


本を読んで色々な考えは有りますが、まずはそういう考えもあるのだと素直に感じる事です。


初めから否定で読むならそこは飛ばした方が、ストレスも少なくなります。


大人の今だからこそ、日々勉強が必要です。


子供もお父さん、お母さんが楽しんで勉強していると自分も勉強したくなってきます。


ちなみに筆者は勉強している横で本を読んでいます。


するといつもより子供達は宿題がはかどっている様です。


オススメなので、ぜひ(笑)

会社の悩みを引きずらない + 驚きのシンプルテクニック

大人になり、サラリーマンになると大半が会社の悩みだと思います。



f:id:greathelp:20200828081506j:plain



仕事の量が多い、人間関係、レベルについていけない、ミスをした、出世問題等、悩みは出すときりがありませんよね。


プライベートにまでこの会社の悩みが入り込むとかなり人生において厄介です。


悩みがエスカレートすると休日もずっと会社の風景が頭に浮かぶし、夢にまで出てきます。


そうなってしまっては、悩むなと言っても、その習慣はなかなか取れるものではありません。


そこで会社だけにすがらない生き方をオススメしたいのですが、本日はそもそもの考え方をしていきます。


上記に書いた会社だけにすがらないのは選択肢を増やす事で会社に依存せず攻めのパフォーマンスがとれるようになる事です。
また機会があれば別の機会に書きたいと思います。


さて、僕達は人生の大半を会社で過ごす訳ですが、よく考えたらあなたの悩みの大半は世界から見たときに小さな会社という世界だけでの出来心になります。


小さな会社という世界での範囲なのです。


つまり会社の悩みは会社の外に持ち出す必要がそもそもありません。


機密情報と同じ扱いです。


会社の悩みは会社に置いて帰る、家庭の悩みは家庭に保管する。


人はそうでもしないとずっと悩み続けます。


場所と悩みが一致しない状態です。


悩むなといっても人は悩みます。


そう簡単に急にはメンタルは強くなりません。


なら割りきって、悩みは、悩みの発生元へ保管するといった考え方にすると気持ちが随分違います。


まずは難しく考えずに試してみて下さい。

これからの時代のマネジメント + 相手を知る事から始める

これからは、個性に合わせたマネジメント能力が必須です。
f:id:greathelp:20200827053627j:plain



中間管理職の方、日々自分の業務、部下、仕事のマネジメントお疲れ様です。


仕事は毎日本当にドラマが多いなとつくづく感じます。(笑)


さて本日のテーマは個性に合わせたマネジメントです。


最近は様々な時代で育った方で会社が回っていると思います。


我々昭和生まれもいれば、平成生まれの方もバリバリ戦力として活躍されている事と思います。


そんな時代も価値観も異なる部下を纏めるのは、そう簡単な事ではありません。


Aさんにはすんなり伝わるけどBさんには伝わないって事良くありませんか??


これは決して相手側の能力や知識が低いだけではありません。


こちらの伝え方の工夫が足りないと、筆者は考えています。


相手のレベルに合わせずに、自分のレベルで部下に接するとどうなるでしょうか??


恐らくパンクしてしまいます。


そこで気を付けたいのは、相手の価値観や性格、能力を把握する事です。


ここまでできれば相手にどう分かりやすく前向きに伝えられるか考えれば良いのです。


仕事を依頼する時、相手にメリットやデメリットがある事をしっかり伝えましょう。


伝え方一つで、ガラリと変わります。


まずは相手を知って相手に合わせたコミュニケーションがこれからのマネジメントには必ず必要です。

仕事の生産性を高める方法 + 今日から誰でもできる

机を綺麗にする。



f:id:greathelp:20200826053834j:plain



これは筆者も日頃、口うるさく伝えている事です。


これには理由があります。


机が書類で散乱していると情報量が常にパンパンの状態になります。


そうするとどうなるか?


目の前の今必要では無い数字が頭にインプットされ今集中しなければいけない仕事に集中できなくなります。


筆者は必ず使い終わった資料はシュレッダーに直ぐにかけ、古い情報も自分の頭から離すようにしています。


この直ぐやるというのがポイントです。


溜まってくるとモチベーションが低下しますので、1仕事終わったら直ぐに片付けるようにして下さい。


意識して綺麗にしていくと、3ヶ月もすれば汚いのが嫌になります。


事例を出すと、筆者は古着が好きで若い頃は、古着屋さんのように部屋で見えるように収納していましたが、すぐ埃がたまってきます。


慣れていたので特に意識していませんでしたが、妻が遊びにきた時に埃を指摘され、以来収納を変えた所、今では埃が苦手で、少しでも吸ってしまうと調子が悪くなります。


これと似たようにある事がきっかけで、人は習慣を変える事が十分できるのです。


自分から見て影響力のある人に言われると響きますから。


筆者の机の整理は、自分の生産性を上げる事を目的としています。


ぜひ、明日整理から開始してみて下さい。


本当にオススメです。