2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

価値観 の 違い で 苦労 されている 方へ + 対処法 は 1つ だけ !

リーダーシップを発揮する上で、すごく重要かつ、悩みの種でもある価値観について書いていきます。

f:id:greathelp:20190115131037j:plain

価値観とは、物事の価値についての、個人(または、世代・社会)の(基本的な)考え方です。 

例えば世代別、個人でもその価値観は違います。

一般的には、20~30代は存在、40~60代はお金、70代~食べ物 と価値観が変化します。

個人では同じ30代でも、お金(給与、賞与)という人もいれば、存在(評価、やりがい等)という人もいます。

筆者の価値観は、後者の存在です。

確かにお金も必要ですが、どちらかというと存在の為に日々行動しています。

なので、価値観というのは重要かつ、難しいのです。

先日、品質に関わるプロジェクトが始まりました。

短期間なので、急務となります。

そこで筆者はいきなり品質に手をつけるのでは無く、まずは現場力の向上(人)をする事にしました。

各現場には必ず1人は意識が高い人がいます。

人数も多いので、1週間かけ、彼ら一人一人と話しました。

内容は技術的な難しい事は伝えず、ただ日常仕事する中で毎日清掃、点検する設備や作業場の状態をより、意識して見て欲しいという内容です。

(作業を追加したのでは無く、普段やってる内容をより意識し、異常があれば、処置するという日常の業務です。)

選出したメンバーの大半が30代です。

そこで、存在とお金をベースに各自の価値観に合わせて、話をしました。

さすが、リーダークラスの方ですのでポジティブに受け入れてくれました。

ただ、何故相手が納得できたかというと、相手の価値観を知っていたからです。

つまり、目的は品質を上げると一緒ですが、各自の目標はそれぞれに合わせた物を伝えました。

価値観というのは時代でも変化しますので、相手の価値観を変える事は不可能です。

相手の価値観を知り、受け入れ、合わせる事がリーダーシップをとる上で重要となります。

ただ、お金が価値観の方は分かりやすいですが、存在の方は分かりづらいです。

上司に、僕を見てほしい!なんて言えませんよね。(笑)

なので、存在かを見極める為には、日頃どれだけその人を見れているか、会話しているかに繋がってくるんですね。

今日の一言 「仕事も戦も相手を知ることから」