2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

自分を前向きにする方法 + 言葉 と 寝る間 を意識する

自分を前向きにする為の習慣って色々あると思いますが、1番良い(効果がある)習慣について書いていきたいと思います。

f:id:greathelp:20190514051826j:plain

心は何からできているかといいますとずばり言葉です。

聴く言葉ですので、相手から言われる言葉、自分で言う言葉 どちらも自分の脳に入ってきます。

やはりポジティブな情報は心が前向きになるし、ネガティブな情報が入ると落ち込んだり、悩んだりしますよね。

残念ながら、相手からのネガティブな言葉はどれだけ気をつけていても日に数回は必ず耳にします。

そこを0にするのは相手を変えるのと同じくらい難しい事です。

では、どうすればいいかと極端に言うと聴くネガティブな言葉の2倍自分がポジティブな言葉を出すという事です。

数えてはいられないので大体で構いませんが、自分が話した言葉は勿論、脳に入ってきます。

原理からゆって頻度が高い方が頭にインプットされますし、記憶にも残ります。

逆に頻度が低いモノは記憶に残りにくいようにできています。

そして自分がポジティブ(感謝や褒める等) な発言をする事で相手は幸せな気持ちになります。

自分にとっても相手にとってもプラス以外無いですね。

そして寝る前は必ずいい言葉を思い浮かべて下さい。

寝ている間に脳は繰り返し記憶の定着化を行っていきます。

その時にネガティブな事を考えていると起きた時に既にネガティブ感情に包まれています。

昼間は意識して感謝や嬉しい言葉を出す、寝る前は意識してポジティブな事を想像する。

この2点を意識すると気持ちは必ず楽になり、習慣化できるようになると不安は無くなります。

まず1週間目標で、できない時があっても自分を責めずに、やれる時から、是非試してみて下さい。