2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

組織 チームを活性化したい 2:6:2の法則+ リーダーの役割

サラリーマンを長年やっていると部下ができたり、チームを任してもらえるようになります。

リーダーになった瞬間は役職も付き、よし!頑張るか!と呆然と気持ちが高まりますが、ワクワクでゆう、期待より不安の方が高いです。

自分にその役をこなす事ができるのか、という不安です。

特に前任者がバリバリの方だった場合、自信は更に低下しますよね。

そこで、今日はまず部下を引っ張って行く前に知っておきたいある法則について書いていきます。

組織には法則があります。

聞いた事がある方も多いかもしれませんが、2:6:2の法則です。

f:id:greathelp:20190603162434j:plain

筆者的に簡単に解釈すると、組織の中で、上位2割が自分で考えて動ける中6割はどちらでも無く言われたら動く下位2割は動かない、といった法則です。

どうでしょうか?

会社をイメージした時、何となく当てはまりませんか??

そして、組織やチームを活性化させるのに大体の人が始めに手をつけてしまう絶対やってはいけない事が、下位2割の引き上げです。

すごくエネルギーがいる割にさほど利益が見込めません。

上位2割の方を底上げする方がエネルギーもさほど使わず効果が確実に高いです。

得意な分野で一個上の仕事を任せてみるのも良い手段です。

上司の役割は部下の育成が1番大切な業務です。

部下へある程度仕事を任せる事で、未来について考える時間が得られます。

細かい仕事を平行すると必ずムリが発生します。

リーダーは自分の役割に徹する事ができるようチームを育てる義務があります。

その役割を担えないのであれば、リーダーという役割はいらない(フラット型組織)組織の方がまだうまく回ります。

リーダーって本当に大変です。

ただ部下の成長が目の前で見れるので遣り甲斐はあります。

頑張りましょう。