2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

人は変える事ができない ?! + やる気が無い部下は時間と忍耐が必要

人を変える事はできない。

これは有名な言葉であり、ある意味、上司側の悩みの一つです。

なぜ、人を変える事ができないか、改めて考えてみると、人にはそれぞれ価値観があります。

そして、人は人に変えられたくないという気持ちがあります。

では、やる気のない部下を成長させるにはどうしたらいいのでしょうか。

f:id:greathelp:20190611134246j:plain

結論からゆうと時間をかけるしかありません。

今は仕事に対して面白さや自由さが無いのですから。

毎日その部下の価値観にあった言葉をかけ続けるしかありません。

本人は最低限の仕事をやってるんだから、いいじゃないかと思っていますので、まずその最低限の仕事を定時でしている事を褒めてあげます。

褒められて嫌な人はそうそういません。

2年3年かかるかもしれないし、それ以上かかるかもしれません。

大抵は、彼は最低限の事しかしないという考えが先にきてしまいます。

自分で気づくまで、つまり待つしかありません。

そこまで待てる忍耐が必要です。

もし、その部下が少しでも慕っている人がいれば、その人に協力してもらうのも手です。

尊敬している人からの影響は少なからずありますから。

最後に変わりたいと思っている人の見分け方ですが、1対1で、仕事の話をした時に自分の思いがある人は変われる可能性があります。

後は、仕事を与えた時、素直にやってくれた時はチャンスです。

上記の変わらない人を変えるならまずは素直な人を見極め、組織改善に取り組む方がそこに費やすエネルギー、周囲のモチベーションを考えた時に、効率が良いと考えます。