2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

30代からの意識として持っておきたい + 誰にも負けない強みを持つといい理由

誰にもこれなら負けない!絶対的な自信がある!
30代から作っておきたいのは強みです。
f:id:greathelp:20190708225222j:plain
何故か?
20代の頃は自分は何に向いているのか、何が強みなのか、何が好きなのか、大半の人はまだ、見えていません。
30代を過ぎた頃から会社で頭角を表す人が出てきます。
そう、強みを持っている人です。
その強みが会社にとって必要なスキルであれば、引っ張りだこになります。
たとえば、コミュニケーション能力があり、後輩の指導が好きな人は指導者側(リーダー) に抜擢されます。
機械いじりが好きな人は噂が回り、更にちょっとした機械トラブルは解決できるまでなれば、設備系に引っ張られたり、パソコンスキルがある人は資料作り等の依頼が舞い込んできます。
1つの強み。まずはそこを持っておく事で、仕事も人生も必ず変化が訪れます。
どうやって自分の強みを知るのか?
まずそこが一番難しいですが、日々の業務の中で、苦にならない事や気付いたら家でも調べている事です。
それを自ら自発的に会社で行う事で、印象付けこの件はまず◯◯さんに相談しようとか、任せられ裁量が増えてきます。
そうやって世界を広げていけるのが、サラリーマン最大の醍醐味ではないでしょうか。