2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

会話の苦手な人へ + 明日から意識してみるとよい1つの事

会話が上手な人は日常、周りに必ずいますよね。

会話が上手な人の特徴について考えてみます。
会話が上手い=よく喋る=言葉をよく知ってる。
簡単に思い描くと、こんなイメージですかね?
他にも、明るいとか、毎日ドラマティックに生きてるなぁとか、あります。
確かに日常のささいな出来事に対して感性が鋭く盛り上げていく能力にたけていると思います。
しかし、本当に会話の上手な人って実は一方的に喋る事ではありません。
逆に一方的に喋る人は間が怖いと感じている場合が多いように思います。
何か喋らないと暗い、怖いと思われる、感じが悪いと思われるとか感じています。
ただし中には本当に話すのが好きな人もいます。そして大半の人が自分から話をすることができるのはホーム戦です。
仲が良くない人や知らない人だらけの場所でも日常同様話せるのはスピーチのプロか、無性に明るいかどちらかです。
さて、本題に戻り本当に会話の上手な人ですが、それは聴き力の高い人です。
f:id:greathelp:20190715135728j:plain
いつの間にか相手の心の鍵をあけ、より情報を聞き出し、聞き役に徹する。
よく話す3聴く7の割合っていいますよね。
人は話を聞いてくれる人に好意を持ちます。
是非、意識して会話に取り入れてみてください。