2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

なぜ人は過ちを繰り返すのか?! + 再発させない考え方とは

同じ過ちを繰り返す事は世の中に溢れています。


f:id:greathelp:20190919045710j:plain


二日酔いで休日が潰れたのに、また飲みすぎる。


イライラしてつい怒鳴ってしまう。


仕事でまた同じミスをする。


そう、私達は頭で分かっていても、繰り返す生き物です。


何故でしょうか?


それは忘れるからです。


時が経つと苦しさは消えるんです。


逆の捉え方をすると、どれだけ悩んだ事も1年後の自分から見れば何て事ないことが多いですよね。


しかし、ここで同じ事を繰り返してはいけない事があります。


会社でのトラブルです。


トラブルが発生すると、修理費用もそうですが、納期遅れによるお客様への信頼にも影響します。


それが、再発ともなればそんな恐ろしい事はありません。


しかし現状、同じようなトラブルが続いたりします。


リーダーの方はどうすれば良いでしょうか?


現場を見てみて下さい。


過去に対策した場所、作業は本当に習慣化できているでしょうか。


ルールを守れる人と守れない人の違いは何でしょうか。


過去の事は忘れていないでしょうか。


4Mの視点で1つでも不備があると必ずトラブルが発生します。


していない時でも数多くのヒヤリが日々発生しています。


現場の方は我慢してやってしまいますので、普段は机上業務に追われるリーダーの方も3現主義で現場を回る事が大切です。


そして、対策系でよくやってしまうのが、チェックリストの追加や標準書の追加です。


場合によりますが、ヒューマンエラーの大半はルールは知ってるがその時の心境で作業を省いたや考え事、焦っていた事です。


そんな場合は、記録の改訂をしても再発防止に繋がらないケースが多いです。


本人と向き合い、心理的な対策を検討した方が経験上、効果が高く、その後のモチベーションにも良いです。


承認する立場の方はそこを良く考え、間違っていれば、修正してあげる事が重要です。