2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

相手を変えたいけど、変わらない + あなたはエネルギーをどこに使っていますか??

相手を変えたい、変えてあげたい。


部下や後輩をお持ちの方なら誰もが通る気持ちです。


しかし現実は変わる人と変わらない人に別れます。


あなたはそんな時にエネルギーをどこへ使っていますか??


f:id:greathelp:20191019064152j:plain


変わる人<変わらない人 になっていませんか?


変わる人は1回話せばやってくれるから終わり。

変わらない人に残りの時間を使う。


チーム全体の底上げが必要ですから、仕方ない部分はあります。


しかし、その方法こそが悪循環を引き起こす原因です。


結論からいうと、エネルギーを費やす量は 変わる人>変わらない人 の方がメリットは大きいと言えます。

変わらない人は、まだ自分の中で変わりたいという気持ちが目覚めていません。


つまり、変わらないといけないという危機感や自己成長欲が無いのです。

その状態で、変われと伝えても相手には響きませんし、エネルギーを使うので上司側が体力を消耗します。


そしてそんな時、心の矢印は相手に向かっています。


これだけ毎日時間を使ってきたからと、感情が先走
りどうすれば良いか分からないまま次の日、またそこにエネルギーを使います。


既に冷静では無く、その方の不足している事にしか目が向いて無い状態です。


これでは、上司も相手の方も疲れ果て、良い方向には進みません。


では、どうすれば良いかというと、主に変わる人にエネルギーと時間を使って下さい。
(変わらない人には求めすぎず、声かけが大事です)


変わるという事は、自己成長したい気持ちに目覚めた時に自らが行動を改める事です。


よって細かい事はあまり言わず、困っていたら助けてあげれば良いです。


すると、変わる人は日々成長します。


いつか、上司を助けてくれるでしょう。


すると変わらない人にも変化が出始めます。


小集団は誰かが変わり始めると影響を受けます。


部下を育てるのが上司の大切な仕事ですが、毎日各人一人一人と向き合う時間を取るのは大変です。


そこはエネルギーと時間を使うバランスを考え自分で管理しなければいけません。


育てるといっても我々は、部下の親でも神でもありません。


自分で直接、技術を伝授する、中堅に伝授しさらに下へ伝授してもらう、自分のチームメンバーの人数や価値観を考えながら適した手段を選択しましょう。