2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

年下上司との接し方 + 気を付けるポイントとは ?!

年功序列と言う言葉は既に過去の言葉になっていっています。


年が低くても努力や能力で役職を得ている方も現代社会では沢山います。


f:id:greathelp:20191019174340j:plain


会社でも必ずいると思います。


上司が年下だから自分も年上として、プライドもあるし接し方に困っている方も多いのではないでしょうか。


今日は、そんな年下上司への正しい接し方について書いていきます。


まず、そんな年下上司ですが若くして出世するという事はそれなりに実績を上げているという事を理解しましょう。


そこは認めるべき事です。


毎日プライベートで勉強したり、上司や後輩とのコミュニケーションも人一倍努力してきたはずです。


仕事中は割り切り認める事が大切です。


気になる言葉使いですが、さすがに年下だからといって馴れ馴れしいのはNGです。


会社での立ち位置は上なので、敬重語までは使う必要ありませんが、固くなりすぎずくらいの話し方はするようにしましょう。


本人も役職にそれなりのプライドはあります。


やりにくい中で毎日戦っています。


むしろ年上部下の方との接し方で悩んでいるはずです。


そこを読み取ってあげ、逆に力になってあげれば評価も良くなります。


年齢は確かに上の方が世間的には尊敬されます。


ただ、社会に出ると様々な年代や価値観の方と同じ目標に向かって走らなければいけません。


皆、それぞれが悩みも抱えそれでも一歩ずつ前へ進んでいます。


会社という舞台では全員役者です。


相手の事をよく観察し協力して自分の役割を全うしましょう。