2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

同時に複数の業務をこなす + マルチタスクのコツを伝授

マルチタスク。


f:id:greathelp:20200214053617j:plain


それは複数の仕事を同時進行でこなす事ですね。


会社員をしているとよくある風景でA業務に熱中していると、メールや電話でB、Cと次々に案件が舞い込んでくる。


パニックにもなりますよね。(笑)


人間3つ以上の事は完全キャパオーバーですから。




ではそんな時、どうすれば確実に効率良くできるかをご紹介します。


実際、筆者が行っている方法です。


基本的に筆者の1日の始まりは、メールチェックからです。


そこで部下からの報告、相談等はその時に直ぐ返信します。


ここで後でゆっくり考えようはNGです。


30秒悩んだ結果と30分悩んだ結果はほぼ変化しないと実験結果でも証明されています。


メールは極力見たら直ぐ返信して、相手の信頼や自分の負荷を減らしましょう。


そして他ルーティンが片付けば、会議や午後までに自分の案件や課題に取りかかります。


この時、時間を逆算してきっちり終わる案件を選択します。


優先度はかかる時間➡️苦手度で決めます。


得意で時間がかかる事は午後からに回します。


必ずその時間軸できっちり終わるを選択しましょう。


お昼や済みを挟んだりした場合、達成感と集中力の視点より生産性が低下します。


そして、そんな案件中でもお構い無しに別案件がくるのが会社です。(笑)


そんな時は、メールや簡単な案件で今取り掛かっている案件より直ぐ済む場合は、直ぐにすませます。


何故か?


頭をスッキリさせ元々やっている案件に集中する為です。


もし苦手、時間がかかりそうな場合は、翌日のスケジュールに直ぐにメモりその日は目の前の案件にボットします。


大切なのは自分で抱え込む数です。


小さな案件でも数が貯まれば人は負荷に感じます。


大きさより、数を意識して効率化を目指しましょう。