2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

俺はこうしたいという考えは + 成長と評価をグッと上げる

「俺はこうしたい」が有るか、無いかで 成長と評価は随分変わる。



f:id:greathelp:20200508052312j:plain




これは筆者も日常、意識している事です。


結局、自分はこうしたいからするというのが無いと、言われた事だけをやり、ごく普通の評価しか得られません。


それはそうですよね。


言われた事と言うのはリスクが小さいですよね。


上司からの指示だから、失敗してもカバーしてもらえるし、自ら行動する勇気も必要ありません。


ただ感じないといけないのは、先に言われたら、やはり考えがまだまだという事です。



本気で考える人はこうすれば良くなると自信を持って発信しています。


そりゃ人間だから間違える事だってありますが、本当に良くしたいという気持ちが前に出てきています。


そういった人は成長が早く、その分見てくれる上司が側にいればあっという間に出世します。



5日間で「自分の考え」をつくる本

5日間で「自分の考え」をつくる本

  • 作者:齋藤 孝
  • 発売日: 2014/07/08
  • メディア: 単行本




自分の考えを「伝える力」の授業

自分の考えを「伝える力」の授業





我々、サラリーマンは家族を守っています。


時には守りに入りたくなる場面もあるでしょう。


本当に守る時は守備に入ってもいいんです。


メリハリが大切なので、基本姿勢は俺はこうしたいがあって、後は攻める、守るを要領よく意識する事が大切です。