2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

リーダーに大切なのはリーダーシップとマネジメントどっち? + 結論は

サラリーマンのリーダーには、リーダーシップとマネジメントどちらが重要なのか。


リーダーの方(管理者意外)は日々、部下の事は自身の事でも悩みながら前へ進んで行っていると思います。



f:id:greathelp:20200514053737j:plain




さて、結論から書くと両方必要です。


まずリーダーシップは、自分のチーム内でリーダーが掲げた目標に対し導いていく事です。


マネジメントは、会社の目標、社長からの指示をいかに部下へ伝達し纏めるかです。


つまりマネジメントは会社、リーダーシップは個人の区分けもできます。


そしてよく例えられるのが、リーダーは父、マネジメントは母ですね。


少し強引だけど力強い父、決め細やかな優しさの母


リーダーって両方の役を全うする役職なのです。


時には男らしく引っ張る事も必要で、でも個人個人の事を見ていてまめに声かけしたり。


長年勉強していると、だんだんこのスタイルに近づいていきます。


ただ、どちらを優先にするかはマネジメントだと思います。






お互いの心の土台ができていない状態だとリーダーシップが発揮できないケースがあるからです。




「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

  • 作者:岩田 松雄
  • 発売日: 2012/10/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マネジメントをまずは優先的に行う事で、母と子の関係に近くなります。


そしたら、父の登場ですね。


母ばかりだと甘えが出てしまう時に、リーダーシップで導いていく。


こういう事を考えなら仕事をすると、リーダーとして成長し、管理者になった時に部下のマネジメントで苦労しなくてもよくなります。


前を見て進んでおられる方は1年後、3年後の自分を想像しながら仕事をすると数年後に想像を越えた自分と出会う事になるでしょう。