2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

問題が山積み + 解決が早い人の特徴とは

問題が山積みの時の対処法について書いていきます。


まず問題が山積みの場合、人はキャパが一杯だと感じてしまいます。



f:id:greathelp:20200602053039j:plain




これは何故起きるかというと頭の中で問題がグルグル回っているからです。


しかも具体的では無く、大まかなイメージが回っている状態で不安になりやすくなります。


では問題解決を次々に行っていける人はどのようにして解決まで導いているのか考えて行きたいと思います。



まず、解決できる人は問題は何が問題かを考えます。


例えば現場で様々なポカミスが発生したとします。


ポカミスが増えるというキーワードから何が問題かを考えます。


時間ロス、売上ロス、ケガ等大きい分類からどこに当てはまるのか、会社から見た問題としての大小に仕分けします。


そして共通する事があれば細かい項目をまとめて対策を検討します。


こうすることで3つの問題が一気に片付く場合もあります。


基本的にヒューマンエラーは似た原因が多い為、個別に対策を打つより、何故起きるのかをよく考えて手を打った方が根本的対策に繋がります。


つまり解決できる人は従来の書式に乗っ取った対策よりもどうすれば解決できるか、自分で考え動いていきます。


そしてキャパ一杯にならない為には、紙(PC)に書き出す事です。


頭から離す事で目先の仕事にも集中できます。


メモは忘れないためではありません。


忘れるためにするのです。


ぜひ自分に合った方法で仕事の整理をしてみて下さい。