2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

なぜ上司が必要なのか? + 全てはこの為に

なぜ上司が必要なのか?



現代社会はフラットな組織も存在する中、やはりピラミッド型組織が多いのが事実です。


皆様も若手の頃、1回は思いませんでしたか?



「上司はいるのか」 「何であの人がリーダーなの」 「何をしているのかよく分からない」



そう、一般的には上司の業務内容は部下は知らないのです。


実際に現場を回し利益を出しているのは現場の方です。


では、話しは戻り、上司の役割とはを考えてみます。



ピラミッド型組織の場合、社長からの命を受け、指示や連絡を組織の末端まで届けなければいけません。


そんな時、理不尽な事や無茶な要求も勿論あります。



f:id:greathelp:20200612053349j:plain




社長は経営者としての判断、決断が入るため、経営経験が無い方から見ればギャップだらけです。


しかし、サラリーマン、そこを現場レベルに落とし込み目標を達成するのが各部署のリーダーです。


そんな時に随分差が出るのが、上司のやり方次第で決まってきます。



普段、部下と接していない人がいきなり部下にお願いしてもなかなか前へ進みません。



「普段見ていないのに仕事だけ依頼してくる」
と前向きな考えができませんよね。



つまり上司の役割は日常、部下との土台を作り、いざというときに、1つの目標に向かって走る事です。


普段から、自分の事を見て、評価してくれている人から言われたら人は力になりたいと思うのです。


しいては、目標達成にも繋がり、全員が幸せになります。


後は、たまにでもいいのですが、上司の仕事を一部やってもらうのも効果的です。


人は自分で経験して初めて、気持ちが分かります。



こんな仕事をこなしているんだと、分かった時、少しは上司の大変さに気付いてくれるかもしれません。