2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

仕事を進めるには + 結局、伝え方次第

伝え方について過去記事でも何度か取り上げてきましたかが、伝え方次第で結果は180度変わってきます。


f:id:greathelp:20200616053552j:plain



特にチームのリーダー等を務める方々は、上手な伝え方を身に付け、成果を更に出していって欲しいと思っています。



伝え方次第で、それまで動かなかった人が動いたり、話を聞いてくれるようになります。



まず基本的な所で、相手に言葉を伝える場合、相手が理解できる事が重要です。


これはシンプルなようで実は1番難しい事です。


人はつい自分の思った事をそのまま伝えようとしますが、それでは価値観の違う相手には理解してもらえません。


価値観の違う相手に、理解、納得してもらうにはまず下記ステップで進めてください。


1.相手の事を知る

価値観は何か、キャラクターはどんなタイプか、仕事の進め方や、同僚との関係は等、日常見ていれば分かる内容です。
しっかり相手を知る事で土台を構築します。


2.思った事をそのまま口にしない


思った事をそのまま伝えると、相手の価値観に添わない場合、否定が生まれるでしょう。
1.で相手の価値観がお金なら、お金が増えるメリットや、場合によってはデメリットも伝えます。
遣り甲斐であれば上記同様に分けて伝え、承認欲が強ければ、先にありがとうを伝える事です。


簡潔にまとめると、


まず相手を知り、相手の価値観に合わせた伝え方をする事です。


伝え方には色々なテクニックがあります。

メリット、デメリット、選択、承認、一緒に、これは個人個人響く事は違いますので、冒頭にも書きましたが、相手をしっかり見てあげる事です。


そこがきちんと相手に伝われば、経験上6割は話を聞いてくれます。


残りの4割はテクニックとなりますが、少しずつ取得して試してみると更に効果が上がります。