2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

○◯はこうあるべきだ + この気持ちがストレスを増加させてしまっている

◯◯はこうあるべきだという考え方が、ストレスを与え、物事を上手く行かなくする話です。


人が人に期待するのは悪い事ではありませんが、
こうあるべきだという気持ちが強いと、人が思い通りにならない時にイライラしたり、変えようとエネルギーを消費してしまいます。



f:id:greathelp:20200903052934j:plain




例えば、あたなの中で、上司とはこうあるべきだという考えが強い程、たった1回の上司の発言や対応でモチベーションが下がったりします。


上司から見た部下も同様で、中堅クラスはこうあるべきだという気持ちが強いと、まだそのレベルに達していない部下に対し不満しか生まれません。


感情は本来人間が持つモノです。


それを無理に抑えたりするとある日突然、爆発したりしてしまいます。


上手く向き合う事が必要です。



結局、人に人は変えられません。


人は変えられない事が理解できていても、こうあるべきだ思考があると実際、ギャップにストレスを感じ、気づけばまた変えようとしてしまいます。


ただ、人を変える事はできないかもしれませんが、影響を与える事はできます。


そこを上手く利用し、影響を与え、自分で気付き変われる様にフォローをした方がよっぽど効果が高いのです。