2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

プライベートも上司から連絡がくる場合 + 考え方を少し変えてみる

プライベートにまで踏み込んでくる上司に悩んでいる方は意外と多いと思います。


週末なのに、仕事の連絡をしてきたり、勤務が終わった後も連絡してきたり、確かに業務内容かもしれませんが、勤務外という事は忘れてはいけませんよね。



f:id:greathelp:20201001051653j:plain



そんな時に感じるのは、プライベートを何だと思っているんだと怒りしか無いかもしれません。


気持ちは分かります。


ただ、そこで怒りを上手に相手に伝える事ができれば良いのですが、相手が上司だと言いにくいのが本年だと思います。


そこで、考え方として あなたにそれだけ連絡してくるという事は上司からかなり好かれている証拠です。


いくら上司でも感情があるので、信頼している相手にしかそこまで頻繁には連絡はしません。


という事は、あなたが会社で上を目指しているのならチャンスと捉えて下さい。


逆にその信頼を利用して、あなたの財産にすれば、将来の備えとなります。


きっとその上司も膨大な仕事があり、回らず、仕事が早くて信頼している部下へ助けて欲しいのでしょう。


ただ、注意しなければいけないのは、あなたがその立場になった時に、同じ事をしてしまう確率も上がってしまう事です。


人は不思議と、自分がされて嫌だった事を別の人へしてしまう生き物です。


今のうちにキャパをしっかり広げ、状況次第では、自分で抱える勇気を鍛えておきましょう。


まさに反面教師ですね。