2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

思い込みの力 + 成功する人は自分の事をよく把握している

思い込みの力は人生を変化させる。


f:id:greathelp:20201017065127j:plain



思い込みとは、私ならできる、私にはできないとポジティブな事とネガティブな事があります。


思い込むのは自己評価や他者評価によって作られていきます。


例えば自分で何かチャレンジをして上手く行けば私にはできると思い込むし、自分では気付いていなくても他人から評価され、自分にはできると思うのです。


ただ、後者の他人からの評価はある程度努力して知識や経験が無いと付いてこないので、まずは前者の自己評価を高めていく方が、優先です。


会社に入って自分は管理職になると決めた人と目標が無い方がそれぞれいたとします。


この二人、今後の行動が一緒でしょうか??


すでにスタート時点で違いますよね。


管理職を目指した人は、自分から勉強したり、上司に認められる為の仕事を取りにいったり、目標に近づく為の行動を取っていきます。


これは自分は◯◯になるんだという思い込みで、自己評価の段階です。


すると成果を出していくうちに他者評価が入ってきて、ますます自信と実績が出てきます。


数年後には夢が叶うでしょう。


そう、人は思い込みの力が強く関係しているのです。


自分にはできないと思い込むと、興味が出ないのでそこを克服する事はできないでしょう。


でも自分にできないと思うので終わるのでは無く、できないならどうしたらできるかを考える事で自分に足りない部分を補えるのです。


自分にできなければ人に任せるしかありません。


そうやって、私にはできる、できないという思い込みを行動に移せる人は必ず成功します。


今日の話のポイントは思い込みから、どう繋げていくかになります。


ぜひ、できる、できないを整理し、今後の活動に活かしてみましょう。