2RAP の 1分で読める サラリーマン 兼 心理カウンセラー 親父 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

仕事に負ける状態とは + 解決する為の心理面

仕事に負けるとはどういった事なのか??



f:id:greathelp:20201023050122j:plain



筆者が若い頃によく先輩から言われた事がある言葉で君は仕事に負けているとあります。


ピンとこないテーマの方もいるかもしれませんが、要するに、仕事で一杯一杯になっており、休日も平日の夜も仕事疲れの影響で何もできない状態です。


休みの日も仕事の事が脳裏に浮かび、純粋に楽しめず、また月曜日というパターンです。


確かに当時はまだ若いエネルギーもあり、会社が自分の世界だったなと今なら思えます。


つまり選択肢が無い状態なので、仕事で上手く行くと気分が上がり、上手く行かないと気分が下がるといった日々です。


これをどう克服したかと言いますと、まずは会社以外の世界を築く事です。


例えば家族や趣味等、自分の人生の世界を広げる事で、会社という世界だけに落ちいらないようにしていくのです。


選択肢が今の会社だけというのが1番辛いのです。


評価や周りからの視線ばかりが気になって、悩みも多く、集中できませんよね。


まずは選択肢をもう一つ増やす言葉です。



後は悩みをその場に置いて来る習慣が大事です。


結局、会社での悩みは会社という世界の中だけでの話です。


会社から一歩出れば、そこにはプライベートという世界があります。


悩みはその発生場所に置いて帰るのがベストです。


初めは難しいのですが、毎日帰る時に意識して置いて帰ってみて下さい。


3ヶ月続ければ、仕事に負ける状態はかなり軽減されてくると思います。