2RAPの1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

自分の強みとは + モチベーションと生産性を上げる方法

自分の強みを生かせているか。



f:id:greathelp:20210215043254j:plain



普段、仕事で自分の強みを生かせているかでモチベーションや成果が変わります。


強みを理解し使えれば生産性が高まるからです。


さて、自分の強みとはどうやって見つけ、育んでいけば良いかですが、それは興味がある事が大前提です。


自分の興味ある事で、自分はまったく苦にならずこなせるけど、周囲の方は面倒臭がってできない事があればそれはかなりの強みになります。


自分では当たり前にできるけど他の人はやりたがらない、できない事です。


そんな時に感じるのは、何で他の人はできないのだろうか?という素朴な疑問です。


でもそれが、あなたの強みなのです。


人にはそれぞれ得意、不得意な面があります。


筆者はサラリーマンなので、仕事に必要なスキルとして大きく上げると


人、考え方、パソコン、機会、技術、品質、改善、コミュニケーション、掃除、計画性等に区分されます。


業種で違いはありますが、大分類の中で自分が興味あってやっていて苦にならない分野を一通り行ってみて下さい。


そこで少しでも力を発揮できたら、とことん勉強します。


筆者は人に関わる所が好きなので、資格の勉強や関係する本を読み続けています。


勉強し続けるとその分野においては自信となり会社では誰にも負けないくらいまでは成長できます。


それが強みとなり、社内で噂となり、そのスキルは重宝されるようになります。


強みをいかせる程、仕事が楽しくなりますし、モチベーションも上がります。


まずは自分の強みは何なのかを考え、理解し、強くしていく手順で自分だけの強みを育んでいきましょう。


必ず未来の自分が変わります。