2-HOPの1分で読める サラリーマン親父のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

チームの導き方 + 結果を出すリーダーの行動とは

本日のテーマはチームってどう導いていくべきなのか、についてです。



f:id:greathelp:20210302043739j:plain



チームを任されている方は日夜自分のチームをどう導いていくべきかで悩んでいる事だと思います。


どうすればもっと自発性を持てるのか、個人レベルを上げる事ができるのか、業績を上げる事ができるのか。


考える事は沢山有ります。


考え過ぎてどこから手を付けていくべきか悩んでいると思います。


結論から言いますと、いきなり求めても成果は出ません。


何故かと言うと、会社は様々な年齢や価値観の人が集まっているからです。


むしろ自分に似た性格や価値観の人はほぼいないと思った方が良いのです。


自分の価値観を求めるとその通りに変わらないチームにストレスを感じるようになり、上手く行かなくなります。


ではどうするのかですが、まずやるべき行動は1つです。



部下を知って価値観を受け入れましょう。



価値観の違いは唯一の救いだった

価値観の違いは唯一の救いだった

  • 発売日: 2018/12/03
  • メディア: MP3 ダウンロード




相手に動いてもらう為には、認めてあげる事が大切です。


自分の事を理解してくれない人の指示には誰でも従いたくないし、その人の為に自発的に行動しようとは思いません。


一度相手を受け入れ、普段から話を聴いて、コミュニケーションが取れた状態を作る事がまずリーダーとしてやるべき事です。


そこまでできれば、後は相手に全てを求めすぎず、得意な事を伸ばせる環境を与えます。


自分の得意、興味ある分野であれば人は積極的に行動します。


そして何よりも自信となり、成長が早まります。


人って不思議な事に1つ自信が付くと今までできなかった事まで出来るようになってしまうものなんです。


これは自分の経験からも確実に言えます。


強制的に行動を促すのでは無く、土台を作り自発的な行動が取れる環境を目指してください。


そこができればきっと素晴らしいチームが作れます。