2-HOPの1分で読める サラリーマン親父のブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

問題解決力が高い人 + 捉え方と考え方の徹底的な違いとは

問題解決力について。


会社勤めしている人も自分で何かやっている方も強い方が評価や信頼、結果に結びつくのが問題解決力です。



f:id:greathelp:20210331043219j:plain




問題解決力とは字のままで、問題が発生した時にどう捉え、どう解決して改善できるかの力の事ですね。


世の中にはこの能力に長けている方もいらっしゃいます。


あなたの同僚や上司にもいるのでは無いでしょうか??


問題解決力がある方は、問題が発生した時の捉え方と考え方、そしてそもそも発生させない仕組み作りが上手です。


まず捉え方ですが、大抵の方は問題が発生するとパニックになります。


この世の終わりみたいに感じてしまいます。


問題解決力がある方は、問題の質を直感で見極め冷静に捉える事ができます。





その問題が会社や自分にとってどの程度影響があるかを瞬時に見極めるのです。


そして優先度が高い場合は、解決策の検討を直ぐに考え始めます。


問題解決力が低い肩はパニックになってどうしようとフリーズしてしまいます。


まずここが大きな違いです。


そして日頃から事前に手を打てる所は打って問題が発生しにくい環境を作っています。


人の確認だけに任せている業務があれば自動化する等、人の短所をよく理解し改善を実施します。


人は状況次第でミスする生き物という認識があれば、先手を打っておこうという考え方になります。


そしてその時はなるべくシンプルな仕組みにしておく事が必要です。


作業が複雑で個々の判断に任せる事が多い場合、ミスは必ず発生します。


問題解決力が高い方は、捉え方と考え方、事前の仕組み作りに長けています。


まずは冷静に物事を捉える訓練からです。


意識する事が大切です。


意識して出来るようになれば、無意識でも出来る習慣となります。


ぜひ今年トライしてみて下さい。