2RAPの1分で読める サラリーマン親父の自己啓発ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

部下の成長を願う上司 + 上司の行うべき行動とは

部下のレベルを上げていくには上司は何をするべきなのかについて考えていきます。



f:id:greathelp:20210404074842j:plain



部下のレベルを上げたいと願っている上司は多いと思いますが、現実は結果が出ていないのがほとんどだと思います。


先に書いておきますが、部下の成長=上司の評価に繋がっていますので、意識されていない方は注意が必要です。


さて、部下のレベルを上げる場合、知識を与えればそれで良いかと言うとそうでもありません。


なぜなら、成長にはインプットした事をアウトプットする過程が必要だからです。


つまりそこのフォローまで意識しないといけないんですね。


中には1与えると10まで成長する人もいますが、かなり少数です。


そういった人は自己成長感が高いので自分でドンドン成長していきます。


大抵の方は上司から教わった事も翌日には忘れます。


そして中には自分の考えに自信があり上司の考えを受け入れないケースもあります。


ここまで来ると上司の方がモチベーションが下がってきますよね。


結論です。


まず大切なのは、あなたが伸ばしたい部下を見極めて、個別の対応をする事です。


全員を底上げするのは現実的に無理です。


我々は神でも有名な偉人でもありません。


ただ会社でのポジションが上というだけです。


しっかり、自己成長感がある人、素直な人を見極めましょう。


まずは10人中2人〜3人が成長すれば、残りの3人〜4人も少なからず影響を受け少しずつチームはレベルが上がってきます。


ちなみに筆者も昔はまず1人を見極めて土台作りから行いました。


結果、素直な人は影響を受け成長していきました。


明日会社に行ったら誰を一人目にするのか検討してみて下さい。