2RAPの1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

自分の人生の主人公は誰? + 人生に必要な1つの事

自分の人生の主人公はいつでも自分です。


周りの目や意見ばかりに流されてしまう。


メンタルが成長段階だと必ず起きます。


今日は自分の人生を歩く為の話です。


会社に行けば上司や部下の顔色ばかりを伺い、上手く行くように話を合わせる。


家に帰れば妻の顔色を伺い、本音を語れない。


仕事もプライベートも我慢してしまい、人生って何なんだろと落ち込んでしまう。



f:id:greathelp:20210405043837p:plain



ケースは違えど経験された方は多いのではないでしょうか。


そして我慢して生きているはずなのに、結果が出ずどうすれば上手く行くのか分からなくなる。


そこを脱出するにはセルフイメージを上げていく必要があります。


セルフイメージを上げるという事は自信を付けて自分の事を好きになり、自分の考えを大切に自分の人生を歩く事です。


そうする為に、まずは自分の得意な事、興味ある事を理解する事が必要です。


自信を付けるにはまず得意な事や興味から着手するのが1番手っ取り早いのです。


苦手な事を得意にするにはかなり膨大なエネルギーと時間が必要です。


そこを乗り越えるメンタルが無い状態で着手すると増々自信が削られてしまうので、まずは得意な事や興味ある事から始めましょう。


まず1つ自分の強みを持つ事で、他の事への自信に繋がります。


筆者も過去、得意な事が無く自信が無い時期がありました。


そんな時に勉強したのは人に関する事です。


これだけは社内で1番になってやるくらいの気持ちで勉強しました。


すると元々興味があったおかげで1年後にはそういった案件の仕事が増えて増々自信が付きました。


すると他の業務でも考え方を横展開し結果を出す事ができました。


今大切な事を書きましたがお気付きでしょうか??


そう考え方が成長するんですね。


とにかく1つの事を極める内に本質を見抜く力が成長します。


考え方は共通なので他の事も出来るようになるんですね。


今、自分の人生を歩けていないと悩んでいる方、あくまでも主役は自分です。


今からでも遅くありません。


筆者も本気で学びだしたのは30過ぎてからです。


学んで人生を楽しみましょう。