1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

人がミスをする時はどんな時? + 対策について

人がミスをする時はどんな時かについて考えます。


結論、人はミスをする生き物です。



f:id:greathelp:20210407043124j:plain



しかしミスは誰しもなるべくしたくはありません。


では人がミスをしてしまう瞬間をまとめてみますので参考にしていただければと思います。


まずはキャパシティを超えた時になります。


例えば同時に3つの案件が舞い込んできて、パニックになってしまうと脳の整理が追いつかず必ずミスに繋がります。


そういった時は先に仕事を進める前に一旦メモに取りそれから1つずつ確実に片付ける事でミスを無くせます。


そして次にやるべき事をしなかったり、自己流で仕事をするとミスをする確率がグンと上がります。


職場ならマニュアルがあると思いますが、マニュアル通りに作業をしなかったり、自己流の方法を取り入れてしまうと必ずミスになります。


必ず作業は記憶だけに頼らずにマニュアル通りに行うのが基本です。


自己流にアレンジしたい場合は先に上司へ相談しマニュアルを改訂してから実施するようにしましょう。


冒頭にも記載した事と共通点はやはり頭の中だけで仕事を進めようとする事です。


しっかりメモを取り、常に頭を空っぽにするくらいの意識でいるとミスを減らす事ができます。


ぜひ参考にしていただき明日からの仕事や部下の育成に生かしていただければと思います。