2RAPの1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

判断が直ぐにできない時 + 休日等はどうするべきか

判断が直ぐにできない時はどうするべきか。



f:id:greathelp:20210418075556j:plain



休日の完全にオフモード中に会社でトラブルがあった時に電話がかかって判断を求められる事が上司であればあると思います。


自宅にいるとなかなかそのトラブルの内容がイメージできない上、頭も完全オフモードなので精度ある判断がしにくいと思います。


簡単な内容であれば即答してあげれば良いですが、複雑な内容であれば即答できませんよね。


もしそういった事があれば一旦電話を切りましょう。


基本3秒で判断出来ない事は即答しない方が良いからです。


3秒というのは直感レベルなので、そこを超えてくるとまだ今のあなたにはその経験や知識が足りないという事です。


部下と電話が繋がっているとつい直ぐに解決してあげたくなりますが、そこは一旦考えさせてと伝えて切りましょう。


そして分からない事は調べてから再度対応する様にして下さい。


それが判断ミスを減らす方法です。


特に休日は脳も油断していますので判断力も鈍っています。


もし休日に判断が難しい案件であれば更に上司に報告して休み明け判断する等にしましょう。


判断は確かに早い方が良いのは確かですが、根拠の無い判断は良くないので慎重に行う事が大切です。


休日対応がある方、大変とは思いますが上記に注意して大変を心掛けてみて下さい。