2RAPの1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

30代後半からの充実した人生 + 一生続けられる事に目を向けてみる

一生続けられる事に目を向けていこう。


30歳も後半過ぎてくると残りのサラリーマン人生について考える時が増えてきます。



f:id:greathelp:20210420043524j:plain


このままこの会社で働き続けるか、自分で何かを始めるか。


子供も育ち盛りでお金もいるし、決断になかなか踏み切れない年代でもあります。


色々状況はありますが、サラリーマンを続けるにしろ、挑戦するにしろ残りの働く20年を充実する為には意識したい事があります。


それは一生続けられる好きな事に挑戦する事です。


趣味かもしれませんし、ビジネスかもしれません。


人は好きな事をしている時に幸せを感じます。


今の時代は色々な働き方が増えてきています。


サラリーマン一本から副業等も活発になっていますし、時間を上手くコントロールすれば今よりも自由な過ごし方ができる時代です。


問題はただ1つ、心で感じた事を行動に起こせているかです。


行動に起こせた時、きっと今よりも空が明るく感じる事でしょう。


30代後半からはそんな自分との葛藤が増える年です。


まず一歩前へ出てみませんか?


今日からできる事もあると思います。