2RAPの1分で読める サラリーマン親父の自己啓発ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

チームの成績が下がった時に + リーダーとしてまずやるべき事

チームの成績が悪化した時にリーダーとしてするべき事、したら良くない事について。



f:id:greathelp:20210421043242j:plain



チームを持っているリーダーの方は、自分のチームの成績が悪化した時にどういう行動を取っていますか?


まず良くやってしまいがちなのは、すぐに部下を集めたりミーティングの場で良くしろとか成績が下がっている事に対するネガティブな発言です。


これは部下からしたらたまったものではありません。


下がっているのは部下のせいでは無いからです。


チームの成績が下がるのはあくまでもリーダー以上の責任になります。


そんな状況で部下に説教しても何も響かない所か逆効果になってしまいます。


上手なリーダーは、一人一人の良い所を把握して感謝を伝えます。


だって成績を上げろといって上がれば苦労はしません。


人間ですから感情を大切に生きています。


なのでそういった時はモチベーションや生産性が低下していますので根本的な所を解決する必要があります。


それは一人一人と向き合う事です。


確かにリーダーとしてプレイヤー業務〜マネジメント業務まで幅広く大変ですが、一番大切なのは部下との繋がりです。


繋がりが上手くできていると部下は自発性が芽生え一人一人の生産性が向上します。


リーダーは色々な場面を経験し大きくなります。


挑戦し続ける気持ちを持ち部下との繋がりを大切にしていきましょう。