1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

30代サラリーマンがこれから成果を上げる為に + 時間を意識してみる

もう少しだけ時間を意識してみる。



f:id:greathelp:20210503043534j:plain



30代サラリーマンが成果を増やすには今よりも時間を意識すると良いです。


30代というのはまだ若さも有り、経験もある程度してきてまだまだ何でもできる年代だと思います。


家庭ではまだお子様も幼稚園や保育園、小学生といった年代の子が多いと思います。


仕事でも早い人では管理職をやられる方もいます。


そんなプライベートもビジネスも多忙な年代だからこそ時間を今よりも意識するべきです。


30代はまだまだ時間がいくらでもある感覚になってしまいがちです。


サラリーマンを続けるならまだ30年近くありますから。


残業も休出もまだ対応できるかもしれません。


しかし時間は有限なのと40歳からの働き方を意識した時にはもう少し働き方を考えていきたい所です。


40代といえば会社では部下の育成や大きな案件を任され、家庭ではお子様の受験や就職等が入ってきます。


更に体力や気力も今よりも下がってくる事が予想されます。


そんな中30代と同じ働き方では時間が足りなくなります。


今は残業すれば良いと思っていてもなかなかできなくなってきます。


筆者は今30代後半ですが、やはり以前のような残業は段々できなくなってきました。


やはり子供の用事等の時間が増えてくる為、ライフバランスが変化してきたのも理由の1つです。


そこで意識したいのは冒頭で記載した時間です。


いかに効率よく作業を進められるかがポイントです。


その為には自分にしか出来ない事、やるべき事と他の方でもできる事に分ける事が大切です。


部下に任せても大丈夫な事をいつまでも上司がやっていてはチームの成果は絶対に上がりません。


それはその上司がいないと仕事が進まないからです。


これではうかつに有休も消化できませんよね。


上司の大切な役割はチームの運営と利益を上げる事です。


自分がいないと駄目だという自己満足に落ち行ってしまうとそれ以上の成果は上げられません。


やはり人一人の生産性には限りが有りますから、必ず働き方を見直していく必要が出てきます。


ぜひ時間を今よりも意識してライフバランスを調整し40歳からもイキイキ働けるように今の内から準備しておきましょう。