1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

リーダーの役割 + 会社でやるべき大切な事

リーダーが会社に行ってやるべきたった1つの大切な事とは。



f:id:greathelp:20210510043633p:plain


ここでは中間管理職以上のリーダーは会社に行ってやるべき事は大きく分けると1つです。


部下の良い所をどれだけ探してそこを伸ばしてあげる事ができるかです。


確かに仕事は他にもあるかもしれませんが、リーダーの役割とはこの為にいるようなモノなんです。


よくあるのは、部下からの仕事を上に流す仕事が役割だと勘違いしてしまう事です。


確かにパイプ役としての役割も担っていますがそこだけに注力していてもチームの雰囲気や成果は上げる事は難しくなってきます。


会社に行って部下の良い所を1日何個見つけれてそれを何人に伝えられているか、ここが凄く重要な役割ですね。


それはリーダーにしかできない仕事です。


なのでリーダーには時間が必要です。


自分がいつまで経ってもプレイヤー業務ばかり抱えていると部下を知る時間を取ることができなくなってしまいます。


部下の良い所、得意な事、好きな事を知っていれば自分の業務の1つを任せる事が出来るようになります。


そして得た時間をマネジメントに当てる事ができます。


毎日上司が承認してくれて、上司自身も毎日承認しに出社する。


そんな職場が成果を上げない訳ありません。


毎日モチベーションが上がります。


ぜひリーダーの方は大切な役割を再確認し部下の育成に取り組んでいってもらえたらと思います。


必ず良くなります。