1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

作業はシンプルにが鉄則 + ポカミスを減らす方法

作業は極力シンプルを意識しておく。



f:id:greathelp:20210516060939j:plain



トラブルが発生すると社内的な報告もある為、つい対策として〇〇確認を追加や一作業追加をしてしまいがちです。


しかし経験上、真因を深堀せずに作業を複雑にしてしまうと逆にポカミスが増えたり、新人が育ちにくかったりとデメリットも増えます。


作業が増えるという事は、当然ミスのリスクも高まります。


しかも一度ルールに落とし込むとなかなか無くす事はできなくなります。


なので一度ミスが出たからといっていきなり結論づけて作業を増やすのはオススメできません。


人は感情で動きます。


考え事もしますし、体調が良くない日もあります。


そういった状況であれば確認作業を増やせば解決するかと言えばそうでもありません。


人間の特性を理解した上で機械的な対策等の検討も必要です。


よく多能化という言葉が使われますが、多能化を行うのであれば作業は無駄を削ぎ落としシンプルにしておくのが前提条件です。


なのでトラブルが起きた場合も上司にどう報告するかより、再発を防ぐ為の考え方を大切にして下さい。


上司への報告中心の考え方では作業が増えていき益々複雑になっていきます。


もし判断が付かない場合は暫定で3ヶ月程度実施してみて効果が無ければルール化は避けるのもオススメです。


作業はシンプルにを心がけましょう。