2RAPの1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

覚悟を決める事も必要 + リーダーは度胸

覚悟を決める事も時には必要。



f:id:greathelp:20210615044230j:plain



判断する立場であるリーダーは、時には経験も知識が無い、言わば根拠の無い判断をしなくてはならない時があります。


覚悟を決めて判断をする事です。


誰かが決めなくては前に進まない状態で、この覚悟が無いと決めきれず何でもかんでも更に上司に判断を仰いだりとリーダーとしての信頼にも影響が出てきます。


覚悟、度胸と言うと精神論かもしれませんが、仕事というのは常に知見のあるトラブルばかりではありません。


分からないが、今までの経験と知識を元に直感で勝負に出る事が必要な時もあります。


リーダーという立場は本当に大変な立場です。


しかしその覚悟を部下や上司は必ず見ています。


やはり自分が本当に困った時に覚悟を決めて判断をしてくれた事は記憶に残るし、この上司なら着いていこうと考えさせられます。


逆にいつも判断を避けたりオドオドしていると部下からも上司からも信頼はかなり下がりますよね。


そんな判断の連続のリーダーへここで少しだけ安心する事をお伝えします。


万が一判断の結果が間違っていても、そこであなたの評価に響く事は有りませんし、会社が潰れる事もそうそう有りません。


情報だけは上司にも伝えておけば責任も分散化されます。


どれだけタフなリーダーでも重要な判断を毎日求められるとさすがに疲れてしまいますので自分の気持ちが軽くなる行動だけは取っておきましょう。


時には、根拠の無い、直感勝負に出なくてはいけないリーダー。


凄くエネルギーを消耗する立場では有りますが、自由度も多い立場ではあります。


自分の役割をどう考えるかで仕事のやり方も必然と見えてきます。


覚悟を決めた時、必ず自己成長にも繋がってきますのでこれからも頑張りましょう♪