2RAPの1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

大人だからこそやりたくない事をやっている暇は無い + 好きな事を意識するメリット

我々大人はやりたくない事をやっている暇は無い話。



f:id:greathelp:20210630070003j:plain



大人になり、社会人になると段々自分の時間が少なくなってきます。


平日なんかは、朝起きて会社で仕事して、帰ってご飯とお風呂を済ませるとほとんど自分の好きな事をする時間は有りません。


なので平日は仕事漬けになる日々を繰り返し週末はグッタリというパターンが多いのでは無いでしょうか??


1週間働けば週の後半には心も疲れてきています。


基本的な所に考えを戻しますが、我々は何なの為に生きているかをよく考えてみます。


嫌いな事を我慢して行う為でしょうか?


好きな事をして好きに生きた方が必ず幸せですよね。


確かに食べて行くための仕事は外せないでしょう。


しかしそのライスワークだけで大切な人生を費やすのはとても勿体ない事です。


仕事は仕事で割きり、残りの時間は自分の好きな事に費やしたい所です。


ではどうすれば好きな事が出来るかという事ですが、これは好きな事をしたいという意識が大切になってきます。


例えばお腹が空けばご飯を食べます。


眠くなれば寝ます。


喉が渇けば飲みます。


これと一緒です。


好きな事をしたければします。


この子供の頃と同じ感覚が大人になってからも必要です。


子供の頃と違う点は、時間を自分でコントロールする事です。


子供の頃は親に時間を決められてゲームをやめたり寝たりしていました。


大人はある意味自分で決めるしかありません。


早めに寝て朝早く起きて好きな事に時間を作るのも好きにできます。


嫌いな事だけをやり続けた1週間と嫌いな事をやりながらも好きな事を取り入れた1週間ではまったく変わってきます。


ぜひ時間を意識し好きな事を意識し、幸福度を上げてみてはいかがでしょうか♪