2RAPの1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

判断を先延ばしにしてしまう + それには理由がある

判断が出来ないのには理由がある。


皆さんの職場にも判断や決断を先延ばしにしてしまう方がいませんか??



f:id:greathelp:20210702044206j:plain



こちらは困っているから判断を求めているのに煮え切らず先延ばしにしてしまうといった事です。


こういった上司へ再度求めてもなかなか回答は無く、結局他の方が判断をする事になってしまいます。


ではなぜ判断が出来ないのでしょうか?


それには理由があるのです。


判断したいけど知識や経験が無く出来ない場合や判断ミスしたくない為守りに入っている場合、他の人へ甘えている場合があります。


知識や経験が無ければ調べたり知っている方へ聞けば良いのですが、調べる事もせず、聞く事も出来ない状態です。


1番多いのは、守りに入り、更には他の方へ甘えている場合が見られます。


確かに家族がいればサラリーマンとして守りに入ってしまう事もあるかと思いますが、仕事である以上、覚悟を決めなくてはならない時があります。


部下は上司へ判断を求めているし、判断をしてあげるのが上司の役割になります。


この人は判断してくれないとなれば、部下は相談相手がいなくなり、チームのモチベーション低下や自己判断によるトラブル増加も懸念されます。


上司だって分からない事はあります。


その時は即答せず調べるから少し時間頂戴と素直に伝えた方が部下へは伝わります。


守りに入らない方法は、世界を広げておくと良いですね。


自分にはこの会社しか無いと思うと、必ず守りに入ります。


スキルアップを常に意識し、他の世界でも通用できるように日頃から行動しておく事で自信も付いてきます。


サイドビジネスもその1つです。


1つの会社に依存するのはメリットはあまりありません。


話は少しそれましたが、判断出来ないをテーマに書いてみました。


上司は判断の連続です。


失敗だって誰にでもある事です。


失敗したら次に起こさない対策をして成長していけば良いのです。


そうやって色々な経験を積み、苦しい時期を抜けると必ず一回り大きくなった自分に出会えます。


ぜひ判断を先延ばしにせず部下の為にも成長し続けましょう♪