2RAPの1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

メンタルを昨日より少し強くする + やった方が良い事

メンタルを昨日より少し強くする為に。



f:id:greathelp:20210710064354j:plain


ここ数日間、ショックな出来事や不安、悩みとの向き合い方を記事に書いてきましたが、本日はメンタルを少し強くするを意識した記事にしたいと思います。


本当にドン底状態であれば前回ご紹介したまずは心のモヤモヤを見える化してほしいのですが、そこを試された方は少し気持ちが楽になったと思いますので、第2ステップとして見ていただければと思います。


全て筆者の経験よりお伝えします。


ちなみに軽く自己紹介をすると、20代の頃、メンタルが弱く周りの目ばかり気にしている自分を変えたくて、現在では心理カウンセラーの資格を取得し日々ブログを書かせていただいています。


さて、本題ですが、メンタルを昨日より少し強くする方法に入ります。


まず1番シンプルなのは笑う事です。


メンタルが弱ってる時は笑う気にはなれないですが、笑う効果は科学的にも証明されており幸福度を上げる効果的な方法です。


不安や悩みがある中で笑えればメンタルはかなり強いと言えます。


無理にとは言いませんが、この苦しい時期を笑って過ごせれば昨日より強くなれると信じてトレーニングと思い試してみて下さい。


筆者の知り合いで本当にお金に困って普通の人ならズドーンとなる状況でも笑顔が絶えない方もいました。


そしてそういった運が悪い状況を打破するには笑う事が1番です。


ここで笑えれば無敵になります。


次に何か単調作業に没頭する事がオススメです。


通常、メンタルが弱っている時は布団で横になりたいと思いますが、部屋に閉じこもると益々メンタルが弱っていきます。


あまり深く考えずにできる単調作業をする事で手先も動かしますので脳が働きます。


筆者は衣類の整理や部屋の片付け、スマホ内の整理等をします。


何もしないのが1番良くありません。


そして、何より本当に死にくらいの悩みはこの世界にほぼ無いという事を知っておく事です。


少し自分を客観的に見る事も効果的です。


例えば仕事で大きなミスをしてしまったり、人間関係でトラブルを起こしたり、色々ありますが、本当に辛ければ職を変える、付き合う人を変える事が有効です。


どうしても同じ組織に属していると自分にはこの世界しか無いと思いがちですが、決してそんな事はありません。


仕事を失ったくらいでは人は死にません。


またあなたの人生においても1番の目的は仕事では有りません。


家族と幸せに生きる事です。


仕事はあくまでもその為に行う行動で目的を達成する為の手段です。


その手段で悩むと本来の目的を見失ってしまいます。


どうか手段ばかりに目を向けず自分の人生を大切にして下さい。


本題から少しズレてしまいましたが、本日はメンタルを昨日より少し強くするをテーマに書いてみました。


ご質問等ございましたらコメントよりお願い致します♪


それでは次回投稿でお会いできる事を楽しみにしています♪