1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

夏休みに父親が出来る事 + 子供との思い出作りは今しか無い

夏休みに小学生の子を持つ父親に出来る事。


f:id:greathelp:20210725062216j:plain


こんばんは、子供が夏休みになり少し経過しましたが親子の時間を楽しめていますか?


本日は、小学生の子を持つ父親が出来る夏休みの行動について書いて行きます。


テーマはずばり「今しか無い」です。


それではさっそくですがスタートします。


テーマである「今しか無い」は、言葉の通りに子供が親と一緒に遊んでくれるのは今しか無いという事です。


小学6年間というのは凄く特別で、まだまだ親に着いてきてくれる年頃になります。


そんな1番大切さな時期に限って父親は働き盛りでなかなか一緒に思い出を作る時間が取りにくいのも事実です。


ただ、子供が大きくなった時に必ず後悔するのは思い出が少ない事では無いでしょうか??


どれだけ父親との関わりがあったかで子供の将来に影響が出てきます。


そこで普段忙しい父親がこの夏休みにできる唯一の行動。


それは有給をしっかり取って子供と過ごす事です。


シンプルにたったそれだけです。


過ごし方は、子供がやりたい事を一緒にやれば良いだけです。


時には父親が決めた場所で決めた遊びを経験させるのも良いでしょう。


とにかく今というこの限られた時期を大切に楽しむ事が大事です。


本当に今しかありません。


筆者も子供の成長の早さを本当につくづく感じます。


気付けばもうすぐで中学生かと思うと、まだまだ自分の時間を上手くコントロールして子供との時間に当てたいと思います。


夏休みも残り1ヶ月。


仕事を効率的に行い、有給取りましょう♪