1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

仕事が早い人と進まない人 + 特徴の大きな違いを2点説明

仕事が早い人の特徴について。



f:id:greathelp:20210807055444j:plain



皆さんの職場にも本当に仕事が早い人っていますよね。


でも、仕事している姿を見ると決して動きがめちゃくちゃ早いという訳でもありません。


ではそういった方はどうやってその生産性を生み出しているのかを解説します。


ちなみに仕事の生産性を上げると、評価や信頼は勿論、毎日定時で帰れて、仕事中も自由な時間が確保できます。


ではさっそくいきます。


1.自分の時間を確保するのが上手

これはどれだけ自分の仕事に集中する時間を作れているかです。


仕事が進まない人の特徴として、いつまでそれ自分でやるの?という事があまりにも多いと感じています。


例えば出世したのに本来やらなければならない業務より部下に任せても良い内容まで実施していたりします。


部下に任せたくない、気を使って自分でやる。


このような感情からかいつまで経っても自分でやり続けるんです。


これって出世した意味があるのでしょうか。


上司になった以上、部下が求めているのは
判断や決断、承認、あなたにしか出来ない仕事です。


逆にそれ以上はそんなに求めていません。


その仕事を置いといていつまでも昔からの仕事をしていたらそれは時間が足りない=仕事が早くならないですよね。

仕事が早い人は部下へ任せるのがとても上手です。


一人一人の価値観を抑えてそれに合わせた依頼をするのがとても上手です。


更に覚悟も必要です。


部下に任せる以上、何かあっても責任は俺が取るくらいの気持ちが無いと部下へ任せる事はできません。


時間の確保から始めましょう。




2.簡単な事からまずやる


仕事はいつでも複数同時に発生しますよね。


不思議と重なる時って本当に重なりますよね。



f:id:greathelp:20210807055508j:plain



仕事が進まない人は優先度の判断を疎かにしてしまっています。


羅列した仕事をただ片っ端から目標も立てずただ処理をしてしまいます。


早い人は違います。


まずすぐ終わりそうな簡単な仕事を片付けます。


これは何故かと言うと、人にはキャパシティがあります。


いくら頭が良い人でも3つくらいまでが限界でしょう。


それ以上くるとパニックになります。


仕事が早い人はまず仕事の内容より数を減らしていく事を意識します。


そして簡単に終わる事からササッと数を減らして時間が必要な案件を最後にじっくり攻めます。


どうしても他の案件があるといくらメモしていても脳裏を横切り目の前の事に集中できなくなります。


こうする事で集中力を維持しています。


つまり現場の場合は、作業スピードが早い場合もありますが、事務仕事では仕事の手順が凄く重要なんですね。


後は集中力が必要な業務は午前、イメージする業務は午後へ回す等のテクニックもありますが、この辺りは過去の記事にも書いていますのでそちらを見ていただければと思います。


本日は仕事が早い人の特徴を2点書かせていただきました。


ぜひ参考にしていただければ幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございました♪