1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

ピンチな時にこそ + 上司の力量が見えてくる

ピンチな時こそその人の本当の姿が現れる話。


問題が発生しピンチが来た時、人はつい自分に責任が有るのかを優先的に考えてしまいます。



f:id:greathelp:20210813053754j:plain



それはある程度仕方無いとして、問題なのはその後です。


人を責めたり、機嫌が悪くなったり、決断力が無かったり、こういった時にその人の本性が現れます。


それが部下に伝わった時にはその上司は一気に信頼を失います。


この上司に着いていくのは辞めようと心で誓いますよね。


筆者も過去に大きな問題が発生する度に同じ経験をしてきました。


上手く行ってる時はいい上司でも、業績が悪くなるとキャラが激変するのを見てきました。


その度に、機嫌悪くする前にこれからどう挽回するかを考えるのが優先なのでは無いかと思い自分で出来る範囲で行動はしました。


上司の本性を知りたい方はピンチな時にどれだけ落ち着いて舵を取れるかを良く観察してみて下さい。


そこでその上司の力量も把握できます。


もしそこでテンパりまくったり、最悪の場合逃げ出す事もあればその人には着いて行かない事をオススメします。


問題発生時は誰だって一瞬パニックになります。


デキる上司はその後からの考え方や行動力がまったく違います。


自分が辛い経験をしたなら部下や後輩には同じ思いをさせないようにしたいですよね。


問題が出た時に力になれるリーダーを目指しましょう。