1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

不幸になる考え方 + どこにフォーカスするかで決まる

不幸になる考え方について。



f:id:greathelp:20210822072402j:plain



僕達は起きた事について悩んだり、後悔したりします。


例えば会社で部下が仕事のミスをしたとしましょう。


その事に対し本人を責めたり、考えたりと怒りで一杯の気持ちになるかもしれません。


しかしこれは非常に生産性が低い状態となっているんですね。


もう起きてしまった過去の出来事を変えたいという気持ちでイライラしてしまっています。


ここで幸福度が高い人が行うのは、起きてしまった現象に対しフォーカスするのでは無く、起きた事への対処です。


起きてしまった事は変えられませんし、そこにフォーカスしていても何も前へ進まないからです。


それよりも一刻も早く対処した方が売上的にも利益的にも良いですよね。


こういった考え方が出来るようになると、日々起こる事に対してイライラも少なくなりますし、前向きになって行きます。


ネガティブな事は考え出すとドンドン広がって頭の中が支配されます。


そうなってしまうと他の事に意識も向かなくなるし、周りにも伝わってしまいます。


逆に心が整理されていると、余裕が生まれ、自分にも周りにも優しくなれます。


ぜひ物事が起きた時は現象よりも対処を意識していただき生産性を高めて行きましょう。


その方が心は前向きになり、幸福度も上がります♪