1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

仕事の時間を有効活用する + 8時間の捉え方

仕事の時間を有効活用する。



f:id:greathelp:20210824044508j:plain



サラリーマンは独立した方と違い基本は会社に8時間はいないといけません。


色々な働き方がある為、一概には言えませんが大体は8時間労働だと思います。


そんな中業種によっては仕事が多い日もあれば少なくて時間が取れる日もあるのでは無いでしょうか。


ダルいなと思って過ごす8時間とまるでゲームをクリアするかの様に過ごす8時間、何か新しい事を覚えてみようと過ごす8時間ではその日の充実感や成長度は随分変わってきます。


結局過ごす時間は決まっていて、どんな時間を過ごすかはあなた次第で決まります。


ダルいなーと感じていれば時間も経たないし1日の終わりも何かスッキリしない終わり方になってしまいます。


なのでスケジュールがタイトな日はゲームをクリアしていく感覚を持ち、スケジュールに余裕がある日は自己成長の為に時間を使いましょう。


雇われている側の利点として、どんな過ごし方でも8時間会社にいれば給料が保証されている事です。


独立して自分だけでやられている方は1分でも売上に繋がる行動を取りたいと思っています。


つまりサラリーマンはそういった点ではその日のお金の心配はする事は有りません。


時間に余裕がある日なんて凄く贅沢な日です。


パソコンを勉強したり、社内で必要な知識を入れたり、部下の育成スケジュールを考えてみたりと探せばいくらでもやるべき事は見つかります。


ぜひ自分の役でやるべき事に目を向けて取り組んでみてはいかがでしょうか??


せっかく1日働くなら最後充実感を得て帰宅して美味しいビールを飲みたいですよね。


8時間という短く長い時間、上手に使いましょう。