1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

毎日を大切に生きる考え方 + 人生の時間

毎日を大切に生きる為の考え方。



f:id:greathelp:20210825044304j:plain



30歳も中盤になってくると今まで以上に時間を意識する様になります。


仕事に育児にとにかく時間が足りなくなり、いかに時間を確保できるかが充実した毎日を過ごす大切なポイントになってきます。


筆者もそうでしたが20代の頃はまだまだ時間がいくらでもあると思っていて、むしろ早く30代になりたいと憧れすら持っていました。


でも最近凄く思うのは、今の自分が1番若く、何かするのであれば今だなという事です。


この今の自分が1番若いと言う言葉は、ある本で読んだのですが今更ながら凄く響きました。


確かに今この瞬間が残りの人生で1番若く、今やらないと絶対やりたい事はできない、しないなと感じました。


衝撃的でした。


その言葉、考え方を知る前から時間は意識していたつもりですが、仕事だけでは無く、自分の好きな事や夢についても時間を意識する様になりました。


毎日を充実したモノにするにはやはり好きな人やモノに触れる時間を確保する事が大切です。


しかし現実は食べていく為の行動で大半の時間を消費します。


それなら好きな事でも食べて行けるようになればそれ程幸せな事は無いですよね。


今すぐでは無くてもやはり自分で食べていける力と言うのは今後必ず必要になってくるスキルです。


残りの人生を日々充実したモノにする為に今を大切に生きる考え方を意識して時間を更に上手に回していきたいと考えます。


最後に、今の自分が1番若いんです。


やりたいと思ってる事は後回しにせず行動していけたら違う未来が待っているかもしれません♪