1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

仕事で攻められない感情 + これをすれば攻められるようになる

仕事で攻められない人の感情とは。



f:id:greathelp:20210903043546j:plain



仕事では時に攻める姿勢が大切になってきますが、やはり守りに入ってしまう事が多く感じます。


守りに入ってしまう感情として、今の会社でやりずらくなったら他に収入を得る術が無いと感じている事が大きいのです。


すると必然と上司に気に入ってもらいポストを維持したかったり、出世の為に理不尽にも耐えたりと大変な思いをしながらサラリーマン生活を送る事になります。


それがサラリーマンだよと言われると、一般的にはそうかもしれません。


しかしこれからの時代、今までと同じ価値観では危険です。


AIも進歩する中、本当に会社にとって利益を獲得してくれる人が求められます。


更に守りばかりに入ってしまうと心では違うだろうと思っていても上司が右と言えば右に行ってしまいます。


もし上手くいかず後でグチグチ言っても仕方有りません。


サラリーマンで守りに入らず攻めの姿勢も取れるようになるには、選択肢を増やしておく事くらいしか有りません。


例えば副業でもし今の会社で何かあっても食べて行ける力を付けておく事です。


結局、お金の心配で本来の力を発揮出来なくってしまっているケースが多く勿体無いのです。


自分の力でお金を稼ぐ力をつけておけばいざと言う時にも最低限の生活は確保されます。


今からでも挑戦できます。


更に今のネット社会では家にいながら様々なビジネスも展開できる時代です。


自分の力で稼いだ1000円の価値は計り知れません。


ぜひ自分の力でも食べて行く事を意識していただければ、会社でも守りばかりに入らずに成果を上げていく事が出来るようになります。