1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

部下育成 + 時には怒る事も必要

部下の育成において時には怒る事も必要。



f:id:greathelp:20210914044146j:plain



部下を育てていく上で基本的には褒める派の筆者も時には怒る事も有ります。


どのような時かと言うと、考え無しに行動した時です。


考え無しでただその仕事を早く終わらせたいという気持ちだけで進めてしまうと、必ず失敗します。


まだ入社して間もない社員ならまだしも経験値のある社員がこれをやってしまうと怪我をしたり、会社に大きな損害を与えてしまう可能性が有ります。


特に判断する側の立場の人間が部下から上がった情報を確認せずに考えずにOKを出すのは絶対にやってはいけません。


報告が上がった時点で責任は上司になりますので、必ず自分の目で見て、考えてジャッジしましょう。


そう言った理由も有り、考える癖を身に付けてもらう育成が大切になってきます。


そして部下は上司の考え方の影響を感じやすい為、リーダークラスが考えないと、部下も考えないようになっていきます。


しっかり良い影響を与えられるようになっていきましょう。


考える癖(習慣)は都度意識する事で身に付いてきます。


日々忙しいとは思いますが、気づいた時に一度立ち止まり、一つ一つ丁寧に仕事を進めて行きましょう。