1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

大人の本気の自信の付け方 + まず1つ極める

大人の本気の自信の付け方について。



f:id:greathelp:20210920065104j:plain



大人になって働き出すと欲しくなるモノの中に自信が有ります。


自信が無いと仕事で成果を出していく事が難しいからです。


そして、この自信は30歳を過ぎてからでも十分に付けて行く事が出来ます。


元々自信満々な方はご両親に自信が持てるような環境をプレゼントしてもらっていたケースが多いのですが、大人になってからでも変わる事は可能です。


筆者が自信を持てるようになり始めたのは30歳を過ぎてからです。


現在30代中盤〜後半ですが、本当に数年前の事です。


当時はどうやれば自信が付くのか分からず結構不安になりやすい時代でした。


そんな時に行ってきた事は、たった1つでした。


それは1つの事を徹底的に極める事です。


筆者の場合は、心理学や部下育成等が好きな分野だった為、まずはそこを徹底的に学びました。


資格を取ったり、毎日本を読んでは試したりとそんな毎日を送っていました。


毎日インプットとアウトプットを繰り返した結果、知識は深まり、少なくても社内では1番詳しくなる事が出来ました。


そのお陰で人事に関わる業務はほぼ任されたり、上司や部下からの相談も増えました。
(部署はまったく違いますが)


これによりまず1つ自信を持てるようになったのです。


そして、人間って不思議です。


1つの事に自信が付くと他の事にも自信が持てるようになるんですね。


例えば人に関わる事を学んだ結果、他の分野でも発言が出来るようになるんです。


これは今思えば考え方が変わったからだと思います。


人間は自信が無い、興味が無い事に対しては深く考えようとしません。


考えられるようになる事で更に成長していくんです。


今、自信がとにかく欲しいという方はまず、1つ自分の好きな、興味ある分野を極めてみて下さい。


経験上、本当にオススメな方法です。