1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

上司は度胸 + ある意味、度胸は能力である

上司は度胸という話。



f:id:greathelp:20210921044753j:plain



上司に必要な事の1つに度胸が有ります。


部下ができると毎日判断や決断の連続です。


そんな上司だって、勿論全ての知識や経験がある訳では無く、半分以上は未知の事に対する対応を求められます。


そんな時、時には直感で行動しなければならない時が有ります。


覚悟を決めて判断する事です。


ここでタイプは二手に別れます。


判断が出来ないタイプと判断するタイプです。


後者の判断をするタイプは半分以上覚悟を決めて度胸で勝負しています。


勿論、大損害にならないようある程度想定して判断はしていますが、腹をくくり度胸で勝負しています。


その姿を見て部下は上司への信頼を感じます。


部下はとにかく判断が欲しいのですから、そこで止まってしまうとこの上司は判断してくれないと不安になります。


何も考えずに安易に判断するのは良くないですが即答出来ない場合もきちんと一旦自分の中に置いてきちんと答えてあげましょう。


役職が上になればなる程に判断しなければならない事も大きくなっていきます。


度胸というのもある意味、能力です。


経験されている方は何となく分かっていただけると思いますが、覚悟をした日はどっと疲れます。


それでも明日はまた来ます。


そうやって上司も鍛えられたくましく成長していくんです。


少しずつドシッと構える上司を目指して行きましょう。