1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

お金の流れを良くする + 勿体がらない自分への投資

お金の流れを良くする自分への投資とは。



f:id:greathelp:20210929044005j:plain


お金の流れを良くしようと思った時にあなたは自分への投資を惜しまずに行えていますか??


現在コロナ禍で外でお金を使う機会が以前より減ってきたと思いますが、お金の流れが遅くなると勿論経済は低下していきます。


今までは外食する事で飲食業界で働く方にお金が回り、セレクトショップで服を買えばショップやスタッフさんへお金が回っていました。


しかし今はその流れがガラッと変わり、以前よりお金を使わなくなった方が増えたと思います。


お金は誰かに価値を提供し幸せにした時に流れる仕組みになっています。


例えば、物販では販売側がお客様の欲しい服を仕入れ、欲しい方に提供し、お客様は幸せを感じます。


そこでお金が流れます。


自己投資も似ていて将来の自分の為に勉強に投資したり、オシャレの為に良い服を買ったりする事で、本屋さんや服屋さんにお金が回ります。


更には本を出す出版社から印刷業、紙を作る製造業まで遡りお金が回っています。


服も同様にあながかった一着で様々な業界にお金が回ります。


そしてお店も次の仕入れが出来て全員ハッピーになれるんですよね。


筆者も以前はここまで考えずにお金を使っていました。


でもそう考えると相手に価値を提供するのも、自分に投資するのも誰かを幸せにしている事に変わりは有りません。


自分に投資するのを勿体ないと感じやすいのですが、お金は良い事に使うと必ず自分に返ってきます。


自分への投資を否定していると、自分を否定しているのに近い事になります。


仮に洋服物販をしている人が普段ジャージで作業していたら何かショップのイメージが崩れますよね。


ネットショップだと見えない部分ですが、そういった雰囲気は不思議とお客様に伝わります。


自分もオシャレをして楽しんで販売するから売上も上がっていくんですね。


本日はお金の流れについて簡単ですが、書いてみました。


ぜひお金を使う時に誰が幸せになるかをイメージしてもらうと良いと思いますので是非♪