1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

忙しいと分かっている日の + 朝の気持ちの持ち方

忙しいと分かっている日の朝の気持ちの持ち方について。



f:id:greathelp:20211001043300j:plain



金曜日お疲れ様でした。


月末月初という事も有り忙しい1週間を過ごされた方も多かったのでは無いでしょうか??


筆者も月末月初の作業に追われる1週間でした。


さて、そんな忙しいと分かっている日の朝って起きた瞬間から何か気持ちが落ち着かないってケースが多いのではないかと思います。


起きた瞬間から想像してしまってまるで仕事しているような感覚ですよね。


なので会社に着く頃には結構疲れたりします。


筆者の場合は忙しいと分かっている日は、朝起きた時は考えないようにしています。


考えるのは前日の午後で翌日スムーズに仕事に入れるように下準備をしっかりしておきます。


そうすると翌日の不安も何割かは軽減出来ますよね。


不安って先が見えないから起こります。


そこを先手で埋めておく事で翌日のイメージが湧きますので不安は軽減できます。


後は翌日の朝は考えません。


結局作業するのは会社に着いてからですから自宅から考えても何も動きませんから。


それでも不安になる場合は、過去どうだったか思い出してみましょう。


人は辛い事は記憶に過剰に残ります。


筆者も毎回残業になる作業量なので月末月初はあまり好きではありませんが、思い出すと毎回何とか定時で帰宅出来ています。


記録に残しておくとより具体的にイメージ出来るので不安の軽減に繋がります。


結論、忙しいと分かっている日は朝から気が重くなりますが、事前準備をした上で会社に着いてから考えましょう。


後はゲーム感覚で作業を前に進めるのみです。


それでは1週間お疲れ様でした♪