1分で読める サラリーマン親父の言葉と古着の日常ブログ

30代サラリーマン兼心理カウンセラー 親父の経験を 日常、言葉、ファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

価値観は変わっていく + 年齢と共に

価値観は変わっていく。


f:id:greathelp:20211019043631j:plain



価値観というのは世代や個人で違います。


ただ1つ言えるのは年齢でも変化していく事です。


例えば筆者の場合ですと、若い10代や20代の独身の頃はどうすれば女の子にモテるかばかり考えていたものです。


それが結婚し子供を授かって家族の大黒柱として責任が出てくると、価値観は完全に家族の幸せに変化してきます。


自分の事→家族の事への変化です。


そして現実的に必要になってくるお金を意識する様になります。


家族をきっかけに考え方が変化し、そこを軸に様々な価値観が生まれてきます。


会社勤めしている方なら感じる事があると思いますが、組織というのは色々な世代や価値観が存在し成り立っています。


そこには若い存在価値が価値観の方もいれば、筆者世代の中間層、お金が価値観の世代等がいます。


相手の価値観を知る事がチームを纏め、結果を出していく事に繋がります。


例えば若い世代の方にお金の為にという伝え方をしても響きません。


若い頃は冒頭にも記載しましたが、お金より時間が欲しいのです。


それよりも相手が好きな事、興味がある事にフォーカスした方が相手に伝わりやすくなります。


もしかしたらゲームが大好きな方なら、残業でこの業務を片付けたら残業代でゲーム1つ買えるねとなれば、やってくれるかもしれません。


サラリーマンだと月5000円増やすのは残業以外なかなか難しいですから。


逆に難しいのはちょうど中間層である30代中盤〜40代の我々世代かもしれません。


みんながみんな価値観がお金では無い為、見極めが必要です。


それぞれの価値観を知る事から始めてみましょう。